特集

平成23年9月22日

晴明祭がはじまりました

本日の宵宮祭にも大変多くの方にご参拝いただきました。宵宮祭の風物詩となりました「湯立神楽」も19時より執り行われた。無病息災を願う人々が「熱い」といいながらもお湯に掛かられておられました。



ちびっこおむかえ提灯行列も先着100名でしたが直ぐに集まって頂きました。 

明日は、本宮です。午前10時より行われる年中の最も重要なる祭儀で氏個奉賛会、講社員 多数参列し、献茶、献花等もあり、境内は非常に賑わ います。

そして、いよいよ午後13時より「神幸祭」がスタートします。 

 

平成23年9月16日

まもなく秋のお祭「晴明祭」

090904

来る9月22日(木)24日(秋分の日)は、年中の最も重要なる祭儀 「晴明祭」。地元のお祭ではありますが、毎年、全国からお越しになられる方もおられます。京都らしい伝統あるこの「晴明祭」をぜひご体感ください。


さて、22日の宵宮祭は迎え提灯のお練り歩きや湯立神楽の奉納が行われます。開始は、いずれも19時00分より。

○この儀式にご参加いただけます!
>湯立神楽:
お一人様1000円の初穂料にてお神楽をお受け頂けます(晴明饅頭のお下がり付き)

>ちびっこお迎え提灯:
限定先着100名にお配りします(参加無料)

ご希望の方は、当日社務所までご連絡ください。

そして、23日(金・祝)の神幸祭では、少年鼓笛隊を先頭に約500人もの列が西陣地区を練り歩きます。鉾、八乙女、神輿などが列をなす様子は、伝統ある京都の祭の風情そのもの是非、ご見物ください。

090904c

【祭事日時の詳細】

・宵宮祭(ちびっこお迎え提灯行列/湯立神楽奉納):9月22日(木)午後7時より
・神幸祭(神幸祭/神輿巡幸):9月23日(金・祝)午後1時より

【お知らせ】

祭礼札の授与(限定300体/1本500円)
晴明祭の担ぎ手が首に掛けている「祭礼札」(平成二十三年辛卯歳)を限定300体をお分け致します。

町衆や祭事関係者以外の一般の方にお分けするのは今回が初めてです。晴明祭にご参列の際に付けて頂くと一層一体感が生れるかと思います。

※下記の写真左端の男性が掛けているものと同様のものです。

■晴明祭 平成二十三辛卯歳
●サイズ:高さ5cm×幅2cm
●初穂料:500円
●数量:300体(限定・先着順)
※紐は、ご自身でご調整頂けますように長めになっております。

 

晴明祭の頃は、もう少し涼しくなっていると思います。
まだ、お祭をご覧になられたことがない方はこの機会にぜひお越しください。

070828_01.jpg

平成23年9月9日

秋(限定の)京都(JTBムック)

現在、全国の書店で発売中の「秋(限定の)京都」(JTBパブリッシング)に晴明神社が紹介されています。

平成23年9月8日

【晴明祭】アルバイト募集について

まもなく晴明神社で最も重要で盛大な祭典『晴明祭』が始まります。その晴明祭でお手伝い頂く大学生を募集しております。詳細につきましては、各大学の学生アルバイトサイト「学生アルバイト情報ネットワーク」をご参照ください。

平成23年8月17日

ききょう土鈴について

ききょう土鈴(どれい)は、ききょう御守と同様に開花時期のみの授与となっています。

ただ、1個1個手作りのため、製作数に限りがあり、本年分については、追加製作ができない状況です。

したがって、ききょうが咲いているにも拘らず、土鈴をおわけ出来ないことも考えられます。また、破損の恐れがありますので、お送りすることもしておりません。

悪しからず、ご了承ください。
ご希望の向きには、お早めにお受け下さい。

 

 

平成23年7月20日

桔梗の花が見頃です。

晴明神社の境内の桔梗が見ごろになりました。お越しの際は、じっくりとご覧ください。(桔梗と桔梗紋の五芒星)

平成23年6月27日

桔梗の花が増えてきました。

これから7月に向けて花が沢山ついてきます。
ご参拝の際は、是非ご覧ください。 

開花期間限定の「ききょうまもり」も授与所にておわけしております。

社頭での授与は1体600円(うちわ付き) ホームページからのお申込みは1体700円(うちわ無し) お申込みは、こちらから。

080614b

【トピックス】「ききょう土鈴」も授与所にてお分けします。

dorei.JPG

「ききょう土鈴」(800円・直径約4センチ)

 

平成23年6月10日

桔梗が咲きました。

心待ちされていた皆さんには大変お待たせを致しました。本日、境内のききょうが咲きました。これより、「ききょうまもり」「ききょう土鈴」を授与所にておわけしています。

ご存知の通り当神社の社紋が桔梗印と呼ばれます。晴明神社にとって桔梗はゆかりの深い花です。開花期間は、通常9月頃までですが近年、晴明神社では10月頃まで咲いています。

ご参拝の際にはぜひご鑑賞ください。

また、桔梗の開花の間だけ期間限定で授与される「ききょうまもり」も本日より授与いたします。

社頭での授与は1体600円(うちわ付き) ホームページからのお申込みは1体700円(うちわ無し) お申込みは、こちらから。

080614b

【トピックス】「ききょう土鈴」も授与所にてお分けします。

dorei.JPG

「ききょう土鈴」(800円・直径約4センチ)

 

平成23年6月2日

桔梗がもうすぐ咲きそうです。

境内に約2000株ある桔梗。ご存じの通り、五芒星が桔梗紋と呼ばれる所以はこの花にあります。毎年6月頃から9月上旬頃まで綺麗な紫と白の花をつけます。

まもなく開花します。開花期間に限定授与している「ききょうまもり」もお楽しみにしていてください。

社頭での授与は1体600円(うちわ付き)

080614b

 

平成23年3月29日

『星に願いを』復興祈願に再利用します。

昨年、期間限定で公開したツイッター連動サイト『星に願いを』を昨年のシステムを活用して復興祈願の願い事サイトとして実行委員会を通じて再公開しました。
※昨年の詳細はこちら

昨年は、約6940冊の願い事をツイートして頂きました。日本が一日でも早く復興できますように皆さんも応援メッセージにもなる願い事をお願いします。

ツイッターアカウントをお持ちの方は、こちらからアクセスしてください。

■星に願いを
http://www.hoshinega.com/jp/

Page 10 of 15« First...89101112...Last »

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP