特集

平成22年10月22日

【御火焚祭】ご参列のご案内

hitaki_01.jpg

京都・西陣に冬の訪れを告げる晴明神社の御火焚祭。

本年もインターネットで先行告知を行います。

来る11月23日(火・祝)11:00より行います、お火焚祭に参列いただく方(限定先着20名)を公募いたします!一般の方が神事にご参加いただけるのは御火焚祭のみです。

先着順、電話(075-441-6460)にて受付致します。

雅楽の演奏のもと厳粛な雰囲気でお一人ずつ玉串を神前に奉ります。ご参列して頂いた方には、おさがりとして「お火焚まんぢゅう」「おこし」「みかん」をお持ち帰りいただきます。

 

社殿にお入り頂き神事に参加できる唯一のチャンスです。ご予約はお早めに。

※尚、ご参列の際には玉串料を2,000円をお納めいただきます。
※簡単な作法については祭典中に説明致します。

過去の御火焚祭の様子はこちらの映像でご覧いただけます。

・御火焚祭(玉串奉納)

・御火焚祭(御神酒)

祭事にご参列できないご遠方の方へ

また、御火焚祭にて、護摩木(ごまぎ)を浄火にて焚き上げます。

当日、祭事にご参列できないご遠方の方にも護摩木を1本700円(送料込)にておわけします。本数・ご郵送先を明記の上、現金書留にてお送りください。到着後、当社よりお送りいたします。

願い事、名前をお書き頂き再度、晴明神社までご返送ください。

go.JPG

 

平成22年9月26日

【嵯峨墓所祭】無事斎行されました

本日、9月26日は安倍晴明公の御命日。嵐山にある墓所にて嵯峨墓所祭が執り行われました。嵐山の賑やかな通りから外れた場所にある晴明公のお墓にお供えをし、祝詞(のりと)を奏上する質素な祭典です。

華やかな飾り付けも、神楽もございませんが、晴明神社にとってとても大切な御祭です。今朝も地元の方、信仰に熱心な方たちと一緒にお参りしてきました。

平成22年9月24日

【平成22年・晴明祭】無事斎行されました

本年も無事に晴明祭を斎行することができました。
ご参拝いただきました皆さま、ありがとうございました。 天候は生憎の雨でしたが、朝に激しく降った雷雨はおさまり、小雨での巡行スタートとなりました。

騎馬の中止、お稚児さんがタクシーで参列するなど異例の神幸祭となりましたが、地元や町衆の方々の協力のもと事故などなく斎行できました。

ご協力いただけました皆さま有難うございました。
また、本年も全国から数多くの方にご参列頂き大変賑わいました。

悪天候にもめげず鼓笛隊勇壮な姿が印象的でした。また御神輿の担ぎ手の威勢のいい掛け声がさらにお祭を盛り上げてくれました。

 

雨の中最後までご奉仕頂きました皆さま本当に御苦労さまでした。

来る26日は、晴明公の御命日。当日は、朝から嵯峨の墓所にて、嵯峨墓所祭が厳かに執り行われます。

平成22年9月22日

宵宮祭、多くの人で賑わいました

本年の宵宮祭も多くの参拝者にご参列いただき大変賑わいました。
気になっていた雨も降ることなく、湯立神楽の奉納も行われました。

明日は、本宮の『神幸祭』が13時から行われます。雨もまだ心配ではありますが、ご参列ください。

後日、このサイトでも報告致します。

平成22年9月21日

いよいよ明日22日、宵宮祭

いよいよ明日から、晴明祭が始まります。前夜祭ともいえる「宵宮祭」は9月22日(水)に行われ、“ちびっこ迎え提灯のお練り歩き”や“湯立神楽の奉納”が行われます。開始は、いずれも19時00分より。


○この儀式は、いずれもご参加いただけます!

>湯立神楽:
お一人様1000円の初穂料にてお神楽をお受け頂けます(晴明饅頭のお下がり付き)

>ちびっこお迎え提灯:
限定先着100名にお配りします(参加無料)

ご希望の方は、当日社務所までご連絡ください。

【祭事日時の詳細】

・ちびっこお迎え提灯行列
・湯立神楽奉納)

9月22日(水)午後7時より

平成22年9月17日

晴明祭の大行列“神幸祭”ルート案内

090916
より大きな地図で 晴明神社神幸祭巡幸路 を表示

 

■9月23日(祝・木)
—————————————————————————————–
13:00出発(西陣織会館)

15:00頃(西陣中央小学校)中継地点到着
15:30出発

17:00到着予定:晴明神社

—————————————————————————————–
090911c
午後13時に本社を出発し、神輿の渡御がございます。

巡幸エリアは、広く地図の通り堀川通を中心に西は智恵光院通、北は寺ノ内通、
南は下長者通の間の氏子町内を練り歩きます。

090911g

祭列には勇壮なる少年鼓笛隊を先頭に菊鉾、扇鉾、獅子、御神宝、 飾馬等に
晴風稚児、八乙女、四神稚児などが独特の装ひも美々しく供奉します。
総勢500名もの行列が京都西陣エリアを巡幸します。

090911d

090911e

090911f

ちなみに、神輿は「本社神輿」の他に「桃薗みこし」「聚楽みこし」の二社の若神輿が巡幸いたします。
道中、15時頃に西陣中央小学校にて「御旅所祭」を行い、午後17時頃に本社に還御いたします。

090911h

是非、拝観ください。

平成22年9月16日

まもなく秋のお祭「晴明祭」

090904

来る9月22日(水)24日(秋分の日)は、年中の最も重要なる祭儀 「晴明祭」。地元のお祭ではありますが、毎年、全国からお越しになられる方もおられます。京都らしい伝統あるこの「晴明祭」をぜひご体感ください。


さて、22日の宵宮祭は迎え提灯のお練り歩きや湯立神楽の奉納が行われます。開始は、いずれも19時00分より。

○この儀式にご参加いただけます!
>湯立神楽:
お一人様1000円の初穂料にてお神楽をお受け頂けます(晴明饅頭のお下がり付き)

>ちびっこお迎え提灯:
限定先着100名にお配りします(参加無料)

ご希望の方は、当日社務所までご連絡ください。

そして、23日(木)の神幸祭では、少年鼓笛隊を先頭に約500人もの列が西陣地区を練り歩きます。鉾、八乙女、神輿などが列をなす様子は、伝統ある京都の祭の風情そのもの是非、拝観ください。

090904c

【祭事日時の詳細】

・宵宮祭(ちびっこお迎え提灯行列/湯立神楽奉納):9月22日(水)午後7時より
・神幸祭(神幸祭/神輿巡幸):9月23日(木)午後1時より

【お知らせ】
○特別手拭いの授与(限定100本、1本700円)
晴明祭の期間限定!特別手拭いを授与いたします!
この手拭いは23日に執り行われる神幸祭の時に輿丁方(神輿を担ぐ人)が実際に使っているのと同じものです。
090904a

晴明祭の頃は、もう少し涼しくなっていると思います。
まだ、お祭をご覧になられたことがない方はこの機会にぜひお越しください。

070828_01.jpg

平成22年9月3日

桔梗は、まだ咲いています。

今年も大変暑い夏でした。

例年では9月に入ると花は終わってしまうのですが、桔梗の花もこの暑さにもめげず咲いてくれています。

本殿の南側にも少しですが、咲いています。お参りの際は、ご覧ください。

また、開花期間限定の『ききょうまもり』も授与所にてお受け頂けます。

社頭での授与は1体500円 ホームページからのお申込みは1体700円(送料含む)お申込みは、こちらから。

080614b

【トピックス】「ききょう土鈴」も授与所にてお分けします。

dorei.JPG

「ききょう土鈴」(800円・直径約4センチ)

 

平成22年8月17日

『星に願いを』願い事を締め切りました

5月21日からツイッターで皆さまからの願い事を募集するというキャンペーンサイトを立ち上げておりましたが、旧暦の七夕にあたる8月16日(月)をもちまして終了致します。

募集期間中は、大変多くの願い事をつぶやいて頂きありがとうございました。
皆さまから頂きました総数6940の願い短冊は、晴明様によって天に届けられたかと思います。

皆さまの願い事がその後どのようになったのか。実行委員会としても気になるところです。願いが成就したときに行う「お礼参り」というものがありますが、ご存知でしょうか?「叶ったのか」、「まだ叶わない」などのメッセージを送信できるようなフォームをご用意致しました。晴明神社へのご参拝もお待ちしております。

ではまた来年の『星に願いを』でまたお会いしましょう。

http://www.hoshinega.com/jp/

平成22年6月24日

境内の桔梗(ききょう)が開花しました

境内の桔梗が咲き始めました。

昨年よりも10日ほど遅い開花です。まだ、紫色の花が本殿横に少しだけですが、つぼみも膨らんでいますので順次咲いていくと思います。今から楽しみですね。

ご存知の通り当神社の社紋が桔梗印と呼ばれます。晴明神社にとって桔梗はゆかりの深い花なのです。開花期間は、通常9月頃までですが近年、晴明神社では10月頃まで咲いています。

ご参拝の際にはぜひご鑑賞ください。

また、桔梗の開花の間だけ期間限定で授与される「ききょうまもり」も本日より授与いたします。

社頭での授与は1体600円(うちわ付き) ホームページからのお申込みは1体700円(うちわ無し) お申込みは、こちらから。

080614b

【トピックス】「ききょう土鈴」も授与所にてお分けします。

dorei.JPG

「ききょう土鈴」(800円・直径約4センチ)

 

Page 13 of 16« First...1112131415...Last »

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP