特集

平成22年6月21日

願いの短冊が3000件を超えました!

先日、烏丸経済新聞に掲載された影響もあり、今週末で願い短冊が3000件を突破しました。たくさんの願い事が、良い結果をもたらすように!

「星に願いを(http://www.hoshinega.com/jp/)」

平成22年6月16日

願いの短冊が2700件を超えました!

皆さんの願い事が続々と短冊に表示されています。まだ、ツィートされていない方は、是非おためしくださいね。

「星に願いを(http://www.hoshinega.com/jp/)」

平成22年6月7日

願いの短冊が2000件をになりました

たくさんの願いが2000件を超えました。自分のことより、(自分以外の)人のことを願う人が多い気がします。そんな世の中がなんだか幸せに感じます。皆さんの願いが叶うと本当にいいですね。

「星に願いを」実行委員会 運営事務局より

平成22年6月2日

ツイナビに掲載されました。

ツイッター連動の七夕企画「星に願いを」がツイナビのトップニュースに掲載されました。ありがとうございました。サイトのアクセスが一気に伸び、願い事も今、現在で1600件を突破しました。

平成22年5月18日

ツイッター連動サイト「星に願いを」公開

本日の京都新聞や昨日からYahoo!ニュースをはじめとする多くのメディア情報でご存知の方もおられると思いますが、「京の七夕」を応援するサイトとして、「星に願いを(http://www.hoshinega.com/jp/)」 を21日にグランドオープンします。

このサイトは、「星に願いを」実行委員会が主催するものでツイッターのAPIを使ったスペシャルサイトです。

皆さまからのたくさんの願いが天の星に届きますように!

平成22年2月4日

【節分祭】斎行報告

平成22年2月3日に執り行われました節分星祭の斎行報告です。
本年も寒い中、大変多くの方にご参拝いただきありがとうございました。

皆さんからお寄せ頂いた人形(ひとがた)をお祓いし、午後8時より執り行いました節分星祭を無事斎行することができました。

本殿に祝詞(のりと)をあげ、追儺が執り行われました。

追儺とは、悪鬼・疫癘(えきれい)を追い払う行事で、神官の「いんようー(陰陽)」という掛け声とともに四方に矢を放ちます。

また、本日2月4日の朝に晴明井の取水口も恵方「西南西」に変わりました。

 

平成22年1月15日

☆節分星祭のご案内

節分と陰陽道には深い関わりがあります。

その為、晴明神社ではこのお祭りを特別な意味を持っておこない、大切にしています。

陰陽道において節分とは「陰」から「陽」へ節分の日を境に「気」が変わる一年の節目であり、

その節目の日に一年を通じて身についた穢れを祓う、それが節分星祭です。

この日参拝の皆様には、予め人形(ひとがた)をお配りし、そこに息を吹き掛けていただいて

当日に初穂料と共にお納めいただきますと、境内にて焚き上げ罪穢れのお祓いを行います。

罪穢れとは、人間が日々の暮らしの中でどうしても背負い込んでしまうもので、これを溜めると魔や厄になります。魔や厄を好き好んで身につける人はいません。ですから節分などの節々に大掃除のようなことを行うわけです。

午後8時からおこなわれる節分星祭では、神官によって矢を放つ四方の追儺が執り行われます。(境内にてご見学いただけます。)

■祭事:平成22年度 節分星祭

■日時:2月3日(水) 20:00~

■場所:晴明神社

080108.jpg"

——————————————–

■節分ご祈祷のご案内

——————————————–

節分とはそもそも季節の始まりの日をさしますが、

いつしか2月4日の立春の前日をさす言葉として使われるようになりました。

つまり、日本の旧暦では、立春が元旦にあたり一年の大きな節目の日となります。

晴明神社では、2月3日の節分にちなんだ特別なご祈祷を行います。

お申し込みをご郵送にて受け付けます。(平成22年2月2日必着)

ご参拝頂いた場合と変わらずご祈願し、お札などをお送りいたします。

現金書留にて祈願料(5千円より)に申込書を添えてお送りください。

※お届けまでは、10日ほどかかります。


平成22年1月1日

【初詣】謹賀新年

新年、あけましておめでとうございます。

皆様方には輝かしい新春をお迎えのことと心からお喜び申し上げます。

元旦の朝八時より行われました歳旦祭も無事に斎行し、新しい年を迎えました。

皆様のご健康とご多幸を祈念申し上げまして新年のご挨拶とさせていただきます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

晴明神社 宮司 山口琢也

平成21年12月22日

【初詣】干支絵馬のお披露目

毎年恒例になり人気の吉祥寅歳絵馬(干支絵馬)ですが、本年度も50枚限定でお分けします。絵馬に描かれた寅の絵は日展・川越篁治画伯直筆による手描きのものです。

来年の絵馬の見本が完成しました。ホームページにてひとあし早くご紹介いたします。
なくなりしだい授与を終了いたしますのでお早めに。


(初穂料:1,000円)

平成21年12月7日

【初詣】平成22年度のご案内

早いもので今年も残すところ1ヵ月をきりました。皆様にとってもどんな年だったでしょうか?また新しい年が始まります。初詣のご参拝は、晴明神社にお越しください。

年が明けた1月1日元旦の午前0時に開門いたします。
12月31日大晦日は午後6時に一旦閉門させていただきますのでご注意ください。

元旦当日には、本殿にて午前8時より「歳旦祭」が行われます。

また、毎年恒例になり人気の吉祥寅歳絵馬(干支絵馬)ですが、本年度も50枚限定でお分けしております。絵馬に描かれた寅の絵は日展・川越篁治画伯直筆による手描きのものです。

なくなりしだい授与を終了いたしますのでお早めに。(初穂料:1,000円)

【新春特別祈願のご案内】——————————————

新年の特別ご祈願を授与所にて受付いたします。

元旦より1月3日までの3日間はご予約不要です。 1月4日以降の祈願につきましては、事前にご予約頂きますようお願いします。

————————————————————–

また元旦当日は多数のご参拝者が予想されます。お越しになられる際はくれぐれもご注意ください。

 

Page 14 of 16« First...1213141516

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP