特集

平成28年8月17日

【星に願いを】終了いたしました。

2016-08-17 9.28.07

本年も6月20日より願い事を募集するサイト「星に願いを」にて、みなさまから願い事を募集しておりましたが、8月16日をもちまして終了致しました。

募集期間中は、大変多くの願い事を投稿いただきありがとうございました。
皆さまから頂きました総数1427の願い短冊は、晴明様によって天に届けられたかと思います。

皆さまの願い事がその後どのようになったのか。実行委員会としても気になるところです。願いが成就したときに行う「お礼参り」というものがありますが、ご存知でしょうか?「叶ったのか」、「まだ叶わない」などのメッセージを送信できるようなフォームをご用意致しました。晴明神社へのご参拝もお待ちしております。

ではまた来年の『星に願いを』でまたお会いしましょう。

http://www.hoshinega.com/jp/

平成28年6月23日

ききょうが見ごろです

13529030_1095433930495730_4072482574671700061_n

桔梗が見ごろです。最近は雨模様ですが、本日の京都は昼から晴れました。さて週末のお天気はどうでしょうか?ちなみに見ごろは、7月中旬くらいまで続く予想です。

平成28年6月20日

「星に願いを」に願い事を託す

index_hoshinega2016
毎年、好評を頂いている「星に願いを」も今年で7年目を迎えます。これまで大変多くの方にご参加いただきました。このサイトは、TwitterやFacebookにも連動しており、「星に願いを」サイトから40文字以内で願い事を投稿していただけます。スマートフォンやタブレットからでも願い事を天に託すことが出来ます。

御祭神の安倍晴明公は、日本最古の天文陰陽博士で、平安時代の天才 陰陽師です。天空を見て世を占ったとされる晴明公に投稿された願い事を天に届けてもらおうという企画です。TwitterかFacebookのアカウントをお持ちの方はすぐに参加が可能です。

自分のための願い事でも、大切な方を思っての願い事でもかまいません。素直な気持ちで想いを投稿されてはいかがでしょうか?
皆さまからのたくさんの願いが天の星に届きますように☆

■サイト名:星に願いを
■公開期間:平成28年6月20日(月)〜8月16日(火)
■URL:http://www.hoshinega.com/ 
スマートフォンからの投稿、閲覧が可能になりました。ウェブサイトもスマートフォンサイトもアドレスは、共通で http://www.hoshinega.com/jp/ にアクセスして頂くとそれぞれに自動で転送されます。

tanabata

■おみくじ付き夏季限定(8月16日まで)の「七夕まもり」
ご利益:諸芸上達、諸願成就
サイズ:45×30(mm)
初穂料:1体  600円

 

平成28年6月8日

ききょうが開花しました

雨に打たれながら、境内のききょうの蕾が開きました。

キキョウ

ご存知の通り当神社の社紋は「晴明桔梗印」と呼ばれています。晴明神社にとって桔梗はゆかりの深い花です。開花期間は通常9月頃までですが、晴明神社では11月初旬まで咲き続けることもあります。

ご参拝の際にはぜひご鑑賞ください。

桔梗開花に伴い、期間限定で授与される「ききょう守」の授与を開始いたしました。
kikyou625
社頭での授与は1体700円(うちわ付き)になります。

ホームページからのお申込みも可能です。1体700円(国内発送のみ・うちわ無し) 。
詳しくは、こちらからご覧ください。

IMG_4194
そして、「ききょう土鈴(どれい)」も桔梗開花時期のみ社頭にて授与いたします。

こちらは1個1個手作りのため、製作数に限りがございます。
したがって、桔梗が咲いているにも拘わらず、土鈴をおわけ出来なくなることも考えられます。また、破損の恐れがありますので、お送りしておりません。あらかじめご了承ください。

1個800円です。ご希望の方はお早めに。

平成28年6月6日

もう間もなくです

桔梗のつぼみが大きく膨らんできました。晴明桔梗が見れるのも間もなくですね。夏に向けて、紫色と白色の花が、晴明神社を彩ります。
kikyo3

平成28年5月30日

蕾がつきだしました

seimeijinja-kikyo

桔梗の蕾がつきだしました。これから徐々に膨らんでいきます。開花までもう少しです。どうぞ楽しみになさってください。

平成28年5月13日

早くて5月末頃に咲きそうです

13178884_1070981312940992_1267584917006255952_n

晴明神社の桔梗は、天候に恵まれてスクスクと育っています。
例年に比べて少し開花時期が早まるかもしれません。早くて5月末か6月上旬頃でしょうか。

開花が楽しみです。

 

平成28年4月23日

桔梗の新芽が、元気に伸びだしています

12993401_1054131897959267_8659239567178012892_n

みなさんもご存知のように、晴明公が創められた魔除の印は「晴明桔梗印」と呼ばれ晴明神社の社紋です。そのゆかりにあやかり、境内には約2000株の桔梗が植えられ、今年も新芽が元気に伸びだしています。6月にはみなさんの目を楽しませてくれることでしょう。

平成28年2月4日

【平成28年・節分星祭】斎行報告

DSC05567

平成28年2月3日に執り行われました節分星祭の斎行報告です。

本年も寒い中、大変多くの方にご参拝いただきありがとうございました。皆さんからお寄せ頂いた人形(ひとがた)をお祓いし、午後8時より執り行いました節分星祭を無事斎行することができました。本殿に祝詞(のりと)をあげ、追儺(ついな)が執り行われました。

20160203201102

追儺とは、悪鬼・疫癘(えきれい)を追い払う行事で、神官の「いんよー(陰陽)」という掛け声とともに四方に矢を放ちます。

12646647_1009838252388632_2452731268131577368_o晴明井も立春の今朝、恵方の「南南東」へ口が向けられました。

平成28年1月16日

☆節分星祭のご案内

節分星祭来る2月3日(水)20時より晴明神社 本殿におきまして、節分星祭を開催致します。

節分と陰陽道の関係

ご存じの方もおられると思いますが、節分と陰陽道には深い関わりがあります。陰陽道において節分とは「陰」から「陽」へ節分の日を境に「気」が変わる一年の節目であり、その節目の日に一年を通じて身についた穢れを祓う、それが節分星祭です。晴明神社ではこのお祭りを特別な意味を持っておこない、大切にしております。

人形(ひとがた)について

この日参拝の皆様には、予め人形をお配りし、そこに息を吹き掛けていただいて当日に初穂料と共にお納めいただきますと、境内にて焚き上げ罪穢れのお祓いを行います。罪穢れとは、人間が日々の暮らしの中でどうしても背負い込んでしまうもので、これを溜めると魔や厄になります。魔や厄を好き好んで身につける人はいません。ですから節分などの節々に大掃除のようなことを行うわけです。

s_12528029_764075073726129_1788636497_n

平成28年 節分星祭のご案内

午後8時からおこなわれる節分星祭では、神官によって矢を放つ四方の追儺が執り行われます。(境内にてご見学いただけます。)

■祭事:平成28年 節分星祭
■日時:2月3日(水) 20:00~
■場所:晴明神社

Page 3 of 1612345...10...Last »

最近の記事

過去の記事

PAGE TOP