新着情報

平成25年10月10日

ききょう土鈴は、終了しました

kikyou625本年の「ききょう土鈴(どれい)」の授与は終了致しました。ききょう土鈴は、「ききょう守」と同様に開花時期のみの授与となっています。

1個1個手作りのため、製作数に限りがあり、本年分に準備した全てがなくなりました。追加製作ができませんので、来年の開花までお待ち頂くことになります。

境内の桔梗はまだ咲いておりますので「ききょう守」は授与しております。ただ、10月末までもたないと思われますのでご希望の方はお早めに。

302834_238934246145707_2166559_n

平成25年10月1日

歌舞伎座から大入袋が届きました

547323_373415709458736_1887321093_n
本日、歌舞伎座から「九月花形歌舞伎」の大入袋が届きました。
その演目は、去る8月14日に公演の安全と成功を祈願されにおいでになられた市川染五郎氏が主演をする「陰陽師」でした。

9月25日に無事、千秋楽を終えられたようです。1年前の事故から奇跡の復帰をされ、この大舞台で大成功は、格別なものだったのではないでしょうか。

本当におめでとうございます。

平成25年9月26日

【平成25年・嵯峨墓所祭】無事斎行いたしました

559403_593513594021102_1414314412_n

本日、9月26日は、安倍晴明公の御命日です。寛弘2年(西暦1005年)に85歳でお亡くなりになったと言われています。今年で1008回忌となります。

朝9時から執り行われた嵯峨墓所祭も例年と変わりなく、執り行いました。晴明公の墓前にお供えをし、祝詞(のりと)を奏上する質素な祭典です。本年も無事斎行いたしましたことをご報告いたします。地元の方や全国から熱心な方たちと一緒

にお参りしてきました。

この9月26日の嵯峨墓所祭は、未来永劫に祭儀が執り行われます機会がございましたらご参拝下さい。1375757_593519464020515_1723936598_n

平成25年9月25日

明日の嵯峨墓所祭について

130925seimeikou先般の台風18号の豪雨による川の氾濫で京都・嵐山が大変なことになりました。被害に遭われた皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

渡月橋にほど近いところに晴明公の墓所がございます。ご心配をお掛けしておりますが、こちらは特に被害はございませんでした。

晴明公のご命日にあたる9月26日に毎年開催しております嵯峨墓所祭も例年通り執り行います。

平成25年9月23日

【平成25年・晴明祭】無事斎行いたしました

487933_592425747463220_695327403_n本年も無事に晴明祭を斎行することができました。昨日の宵宮祭から今年は特に多くの方にお越し頂けたように思います。

お天気の心配をすることなく、まさに秋晴れに恵まれました。

神幸祭は、西陣地区を約5時間にわたって巡行するお祭りです。総勢約400名の奉仕者の皆さんも本当にご苦労様でした。子どもたちの元気な鼓笛隊の勇姿、御神輿の担ぎ手の威勢のいい掛け声がさらにお祭を盛り上げてくれました。

1234930_592419027463892_802598525_n734061_592350627470732_1208778662_n

平成25年9月22日

【晴明祭】いよいよ今夜9月22日(日)より晴明祭

いよいよ本日、9月22日(日)19時より宵宮祭です。

明日、23日(秋分の日)は、年中の最も重要なる祭儀 「晴明祭」。地元のお祭ではありますが、毎年、全国からお越しになられる方もおられます。京都らしい伝統あるこの「晴明祭」をぜひご体感ください。

さて、22日の宵宮祭は迎え提灯のお練り歩きや湯立神楽の奉納が行われます。開始は、いずれも19時00分より。

○この儀式にご参加いただけます!

>湯立神楽:お一人様1000円の初穂料にてお神楽をお受け頂けます(晴明饅頭のお下がり付き)

>ちびっこお迎え提灯:限定先着100名にお配りします(参加無料)

ご希望の方は、当日社務所までご連絡ください。

平成25年9月12日

【期間限定】祭礼札と手拭い守

994606_365117846955189_1339092750_n-1
○祭礼札の授与【限定300体】500円
晴明祭の担ぎ手が首に掛けている「祭礼札」(平成二十五年癸巳歳)を限定300体をお分け致します。

なくなり次第終了いたしますので、ご希望の方は早めにお受け下さい。晴明祭にご参列の際に付けて頂くと一層一体感が生れるかと思います。

※祭礼札は、下記の写真左端の男性が掛けているものと同様のものです。
110908あab
○手拭い守の授与【限定80体】700円
晴明祭の担ぎ手が身につけている「手拭い守」(巳歳)

7846_365036816963292_763071329_n
こちらは、毎年大変好評でおそらく22日からの晴明祭までに終了すると思われます。

平成25年9月2日

【お知らせ】ペットの健康祈願

ペット,健康,お守り,祈願
近年、ペットを飼われる家庭も多くおられることかと存じます。「家族同様にペットも健康であって欲しい」。最近、その様なご要望も増えてまいりました。

晴明神社のペット祈願を受付しております。

晴明神社神社では、境内は神域であり、清浄を保つ為ペットをつれての参拝はご遠慮頂いております。

このペット祈願は、「通信」のみの受付となります。本殿にて健康の祈祷を致し、後日、「祈願札」、「御守」をご自宅に送付致します。

ペットの名前などお忘れなくお書き下さい。

詳細は、こちらのページをご覧下さい。

平成25年8月20日

『星に願いを』願い事を締め切りました

130820c
6月1日からツイッター及びFacebookで皆さまからの願い事を募集するというキャンペーンサイトを立ち上げておりましたが、8月18日をもちまして終了致しました。

募集期間中は、大変多くの願い事をつぶやいて頂きありがとうございました。
皆さまから頂きました総数1183の願い短冊は、晴明様によって天に届けられたかと思います。

皆さまの願い事がその後どのようになったのか。実行委員会としても気になるところです。願いが成就したときに行う「お礼参り」というものがありますが、ご存知でしょうか?「叶ったのか」、「まだ叶わない」などのメッセージを送信できるようなフォームをご用意致しました。晴明神社へのご参拝もお待ちしております。

ではまた来年の『星に願いを』でまたお会いしましょう。

http://www.hoshinega.com/jp/

平成25年8月8日

【本日受付】水木しげる氏のマンガを全国の中学校に

20130808
本日、午前10時よりマンガ小冊子『安倍晴明公伝』を進呈する中学校を公募いたします。

『ゲゲゲの鬼太郎』の作者でマンガ家、水木しげる氏が描き下ろした『マンガ日本の古典9今昔物語(下)』に安倍晴明公の活躍が描かれています。

この度、同書を出版されている中央公論新社の協力も得て、特別小冊子が完成致しました。古典の中の古典とも言える「今昔物語」に晴明公の物語が登場することは、当神社においても非常に感慨深いことです。

古文というものは、普段より慣れている文章とは異なり、解釈や理解が難しいものです。その為、自然と少し遠のいてしまう印象があります。それをマンガという手法でまた、水木氏の作風でよりわかりやすく表現され、古文と現代に生きる私たちの距離を縮めてくれたように感じます。

物語は、平安時代に活躍する晴明公が、マンガ界の第一者である水木氏の素晴らしい筆によって、見事に描かれています。

この度、全国の中学生にこのマンガ小冊子(総数1万冊/各校最大250冊まで)を無料で進呈いたします。少しでも日本の古典に親しみを感じてもらえたら幸いです。

 

詳細や応募方法など詳しくは、こちらの特設サイトをご確認ください。

ちなみにこのマンガ小冊子は、授与所でもお分けしております。
(初穂料:300円)

130808a

Page 11 of 27« First...910111213...20...Last »

最近の記事

過去の記事

PAGE TOP