新着情報

平成20年5月27日

TV東京系列にて全国放送

mis.JPG
来る平成20年6月17日(火)19時放送の新説!?日本のミステリーにて晴明神社が登場。
先日のロケでは、レポーターにミス小野小町の方がお越しになられました。
※放送日が変更しました。7月1日(火)夜7時56分からオンエアされます。
平安時代に活躍した晴明公の偉業が紹介されます。
また、ふだん未公開の肖像画も放送される予定です。
お楽しみに!

平成20年3月31日

源氏ろまんスタンプラリー

stanp.jpg
「おけいはん」の愛称でお馴染みの京阪電車が企画したスタンプラリーに晴明神社が登場!
今年で千年を迎える「源氏物語」を記念した京都市内・大津市内の源氏物語に
ゆかりのある社寺をめぐるスタンプラリーです。
全部で5ヵ所のポイントを回ると素敵なプレゼントがもらえるようです。
詳しくは、こちらからご覧いただけます。
※スタンプ台紙付パンフレットは、京阪電車・嵐電(京福電車)の主要駅、
 各チェックポイントで配布しているそうです。
【チェックポイント】
●晴明神社
●石山寺
●三井寺
●清凉寺
●野宮神社
開催日時:3月30日(日)~5月11日(日)
お問合せ:06-6945-4560(京阪電車お客さまセンター)

平成20年3月23日

必勝祈願!バニーズ京都サッカークラブ様参拝!

地元京都を本拠地とするバニーズ京都サッカークラブ様が、
今シーズンのリーグ戦「なでしこリーグディビジョン2」の
必勝祈願にお越しになられました。
来シーズン「ディビジョン1」への昇格を目指すチームの皆さんは、
真剣な表情でご祈祷を受けられました。
ご祈祷では、監督、選手代表による玉串の奉納。
またチームの皆様には来シーズンの健闘を祈願して「勝守」を進呈いたしました。
真剣な表情のご祈祷の後は、さすが!そこは若いかわいい普通の女の子達。
本殿前にて賑々しく皆で記念写真を何枚も撮っておられました。
バニーズ京都サッカークラブの皆様には今シーズン皆様怪我なく、無事に健闘され、
見事「ディビジョン1」へ昇格されることを心より願っております。
なお、ご参拝の様子は「動画でみる晴明神社」でご覧いただけます。
20080323.jpg

平成20年1月15日

☆節分星祭のご案内

節分と陰陽道には深い関わりがあります。
その為、晴明神社ではこのお祭りを特別な意味を持っておこない、大切にしています。
陰陽道において節分とは「陰」から「陽」へ節分の日を境に「気」が変わる一年の節目であり、
その節目の日に一年を通じて身についた穢れを祓う、それが節分星祭です。
この日参拝の皆様には、予め人形(ひとがた)をお配りし、そこに息を吹き掛けていただいて
当日に初穂料と共にお納めいただきますと、境内にて焚き上げ罪穢れのお祓いを行います。
罪穢れとは、人間が日々の暮らしの中でどうしても背負い込んでしまうもので、これを溜めると魔や厄になります。魔や厄を好き好んで身につける人はいません。ですから節分などの節々に大掃除のようなことを行うわけです。
午後8時からおこなわれる節分星祭では、神官によって矢を放つ四方の追儺が執り行われます。(境内にてご見学いただけます。)
■祭事:平成20年度 節分星祭
■日時:2月3日(日) 20:00~
■場所:晴明神社
080108.jpg

平成20年1月1日

鏡開き

本年度も大変多くの皆様にご参拝いただいております。
また、元旦の13時より地元有志の與丁方による鏡開きも盛大に行われ、ご参拝の皆さまに振る舞い酒をお配りしました。
2222.jpg
授与所では今年の干支「子」にちなんだ絵馬をおわけしております。
みなさま、お参りの際はお気をつけてお越しください。
11111.jpg
■元旦の鏡開きの様子

平成20年1月1日

謹賀新年

新年、あけましておめでとうございます。
 
皆様方には輝かしい新春をお迎えのことと心からお喜び申し上げます。
朝8時より行われました歳旦祭も無事に斎行し、新しい年を迎えました。
皆様のご健康とご多幸を祈念申し上げましてご挨拶とさせていただきます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。
 
晴明神社 宮司 山口琢也
11111.jpg

平成19年12月25日

初詣のご案内

早いもので今年も年の瀬が近づいてまいりました。
新しい年の始まりは是非当社への初詣にご参拝ください。
元旦当日には午前8時より「歳旦祭」が、午後1時より地元の與丁方、有志10名で行われる「鏡開き」が執り行われます。
「鏡開き」におきましては先着200名様に振る舞い酒を授与します。
毎年恒例になり人気の子年干支絵馬ですが、本年度は、100枚限定です。
なくなりしだい授与を終了いたします。(初穂料:1,000円)
先日、手水舎の出水口(水が出てくるところ)に、龍の口を設置いたしました。
これは、本年の晴明祭の神幸祭少年鼓笛隊隊長奉仕の記念として 渡辺健次氏よりご奉納があったものです。
これにより手を清めていただく手水舎が尚一層荘厳な雰囲気になりました。
ちなみに、平成20年は源氏物語千年紀にあたります。
当神社とも縁深い一條戻橋は、光源氏の葵祭での晴れ姿を見ようと葵の上と六条の御息所が車争いを繰り広げた所です。
初詣のお帰りに訪れて千年前の王朝絵巻に思いを寄せられてはいかがでしょうか。
071226.jpg
※ご注意
12月31日大晦日は午後6時に一旦閉門させていただきます。
1月1日元旦は午前0時に開門いたします。
また元旦当日は多数のご参拝者が予想されます。お越しになられる際はくれぐれも ご注意ください。

平成19年12月4日

旅番組『遠くへ行きたい』の撮影が行われました

旅番組としては放送1800回を迎えた長寿番組、日本テレビ系列『遠くへ行きたい』
の撮影が行われました。
境内の絵馬舎には、今回の旅でお越しになった作家の島田雅彦さんが、撮影の
安全を願って書かれた絵馬も掛けられました。
ご参拝の際にはぜひご覧下さい。
20071204.jpg
■撮影された番組の放送予定日ご案内
【タイトル】『遠くへ行きたい』
【オンエア】12月23日(日) 午前7:30~8:00
【テレビ局】日本テレビ系列

平成19年11月27日

本年度も御火焚祭は無事斎行できました。

本年度も御火焚祭は無事斎行できました。
御火焚祭は、京都では一般的なお祭です。
火を使った商売をされている家はもちろん、一般家庭でも行われていました。
この時期になりますとおさがりの「まんぢゅう」「おこし」「みかん」を いろいろなところから頂いたものです。
しかし、近年では、だんだんと少なくなってきております。
そもそも火を焚いて土に返すということは陰陽五行説の相生(そうじょう)の一つで非常に重要な意味をもちます。
晴明神社では、昔ながらのお祭を現代の今も行い続けております。
本年度も多くの参拝者がお越しになりました。
遠方からわざわざお越しになられる方も年々増えております。
尚、祭事の様子は、動画でもご覧いただけます。
≫「動画で見る晴明神社」へ
20071126.jpg

平成19年11月5日

一の鳥居に神紋額が取り付けられました

昭和37年に建てられた堀川通沿いにある一の鳥居。
この度、神紋額が取り付けられ清祓い式も無事に斎行されました。
制作にあたりましては、一昨年から境内にて募り、訪れた方々がお名前を書き奉納して頂いた500枚の銅版を使用。
一度、溶解した後、鋳造し作られました神紋額は大変立派なものとなりました。
一般的に、神社などの鳥居に掛けられる額は「神号額」と呼ばれ神社の名前などを刻むことが多いのですが社紋(五芒星)をあしらった「神紋額」(しんもんがく)は、全国的にも非常に珍しいものです。
是非、ご参拝の際にご覧頂けたら幸いです。
なお、本日の清祓い式の様子は、KBS京都のニュース番組「京ぷらす」で報道されました。
071105.jpg

Page 21 of 28« First...10...1920212223...Last »

最近の記事

過去の記事

PAGE TOP