新着情報

平成16年5月6日

新「晴明井」復活!「晴明井清祓式(せいめいいきよはらいしき)」

4月28日(水曜日)午前11時より、「晴明井清祓式」が行われました。病気平癒の水として、また、晴明公が水占に使ったのではないかと言われる「晴明井」の水ですが、一時期水位が下がり、汲み上げられない状況にありました。しかし、信仰の厚い方々からのご要望もあり、さらに深く掘り起こしてみると、再び湧き上がりました。
この石づくりの「晴明井」は五角柱に作られ、上面は晴明神社のシンボル、星型の桔梗印が施されています。井戸の上部は回転式になっており、注ぎ口をその年の恵方に向けることができるという、こだわりのある井戸です。
「晴明井清祓式」には工事にあたった関係者が参列、テレビや新聞などのマスコミが見守るなか厳かに執り行われました。
(晴明神社広報室より)
040506_1.jpg

平成16年4月8日

京極夏彦さん 直木賞おめでとう!」

直木賞を受賞され、ますますご活躍の京極夏彦さんは晴明神社御鎮座壱千年祭のおりには例大祭にも参拝されるなど晴明神社と深い関係にあります。また、「蹴りたい背中」で芥川賞を受賞され、注目を浴びておられる綿矢りささんは西陣の出身。もともと文筆家の方々の参拝が多くある神社。そんな、晴明さまと関わりの深いお二人を、私どもは今後も応援いたします。

平成16年1月13日

2月3日 節分星祭が行われます

節分は全国的に知られる風習ですが、陰陽道と深い関わりを持つ晴明神社では特別な意味を持っています。すなわち、一年の流れの中で陰から陽への節目の日のことであり、この日を以ってそれまでの一年の罪穢れをお祓いします。午後8時からは節分星祭。神官によって矢を放つ四方の追儺が執り行われます。その際に参拝の皆様には予め人形(ひとがた)をお配りし、そこに息を吹き掛けていただいて当日に初穂料と共にお納めいただき、それを境内にて焚き上げ、罪穢れのお祓いを行います。
節分の日に人々の罪穢れを祓う人形(ひとがた)について。
(当日、神社にお越しになれない方、こちらでお申し込みできます)
040113.jpg

平成16年1月13日

お守りについて重要なお話し

晴明神社のお守りを授与できるのは晴明神社のみです。
お守りを大量に入手して商品やサービスの特典にしようという業者が有るようです。
お守りは、原則としてご本人(家族や知人の分は含まれます)が晴明様に初穂料をお納めになった時に授与されるものです。第三者が、自らの利益のために利用されることを晴明神社は決して許しておりません。そうしたサービスをご覧になった場合は晴明神社にお知らください。
皆様も、そのような業者や、その扱う商品等については、推して知るべきでありましょう。

平成16年1月1日

甲申初詣

あけましておめでとうございます。
平成16年の幕開けです。
年が明けて間もなく、境内にはお参りの列ができ、大勢の皆さんが神社にお参りに来られました。
お参りの際はお気をつけてお越しください。

Page 27 of 27« First...1020...2324252627

最近の記事

過去の記事

PAGE TOP