新着情報

平成28年12月21日

大切なお知らせ

晴明神社の名称を利用したグッズ販売がインターネットなどで横行している情報が確認されました。当神社がご祈祷した授与品(お札・お守など)は、境内でお分けしているものに限られています。

国内外のいかなる企業・団体とも業務提携などを行っておりません。したがって、「晴明神社 ご祈祷済み」と表記された商品に関して、一切関係がございませんので、十分にご注意ください。

 

平成28年12月13日

【平成29年 厄年早見表】

厄除早見表

晴明神社では、厄年を数え歳の「男25歳・42歳・61歳」「女19歳・33歳・61歳」を本厄、その前後を前厄・後厄とします。
※数え年とは厄年は数え年で見ます。数え年は1月1日で満年齢に2歳を加え、その年の誕生日から満年齢に1歳を加えます。

晴明神社は、「魔除け」「厄除け」の神社です。御祭神である安倍晴明公は、ご生前より、天皇から貴族、庶民に至るまで、広くその悩みや苦しみを取り払うことで大きな信頼を得ておられました。その信頼は、神様となって祀られた現在も変わることはありません。

そもそも、「魔」や「厄」というものは、好むと好まざるに拘らず、誰しもが抱え込んでしまうものですから、折りに触れ、その厄を取り除くことが肝要です。 私たちの日々の生活には、なかなか解決できない問題もありますが、神前で静かに手を合わせ、その心を正直に晴明公にお伝えすれば、きっと、その絡まった糸がほぐされることでしょう。

 

平成28年11月24日

平成28年 御火焚祭 斎行報告

本年の御火焚祭も無事斎行することができました。

幻想的な雰囲気の中、雅楽が奏でられ粛々と執り行われました。

御火焚祭は、京都では特に珍しくもなく、各町内や家々で古くから行われていた祭です。しかし、近年では徐々にその習慣は失われつつあるようで見かけることも少なくなりました。晴明神社では五行説に基づく重要な祭として執り行っております。

その目的は「火生土」の理、作物を生成する際に疲弊しきった土を火を焚きあげることで甦らせるためといわれています。この昔ながらのお祭を現代の今も当神社では行い続けております。

清々しいなかに皆様方のたくさんの願いと共に焚き上げられた護摩木の炎と煙が悠々と立ち上っておりました。

本年度も全国各地からご参拝いただきありがとございました。

来年も変わらず執り行います。京都が紅葉で色づく季節、機会がございましたら是非この時期においでください。

平成29年の御火焚祭は、11月23日(木・祝)に斎行予定です。

平成28年11月6日

【秋季限定】もみじ守のご案内

momi625

晴明神社の授与所にて、本日より秋季限定の「もみじ守」をおわけいたします。

晴明神社境内は、もとより、京都中の紅葉の季節にちなんでの限定お守りです。
もみじの花言葉は『自制・遠慮』、日本の美風を想い起し穏やかな心を取り戻します。

ご参拝の際にぜひ、お受けください。

■授与期間 12月12日(月)まで
■サイズ 45×30(mm)
■初穂料 600円(1体)
※このお守は、お送りできません。

平成28年11月1日

【正月用注連飾り】授与をはじめました

みなさまの新しい一年間の「家内安全」を神前にて祈願した正月用注連飾り(しめかざり)を本日より授与を開始いたしました。

shimekazari

■宮司 あいさつ
正月に歳神様をお迎えするにあたり、神棚、玄関、床の間などに注連飾りを飾ります。12月25日を過ぎた頃より祈祷を施した「正月用注連飾り」を門先にかけていただき、すこやかな一年間をお迎えいただきたくお祈り申し上げます。
平成28年 11月1日 晴明神社 宮司 山口 琢也

■正月用注連飾りとは
歳神(としがみ)様をお迎えするにあたり、邪気や魔が入って来ないようにするいわば結界のようなものです。魔除・厄除の神、安倍晴明公を祀る晴明神社ではお正月用に注連飾りを丁重に神前にて大麻(おおぬさ)で祓い清め、祈祷を施しました。魔除けの印「五芒星」がついた晴明神社の注連飾りを玄関に飾ることで清らかな空間を保ちます。

『正月用注連飾り』【数量限定】
初穂料 :   1体    2000円
サイズ  :  本体   縦 18cm 横 17cm (フック付)
先着順に授与。数量無くなり次第終了。

詳細はこちら https://www.seimeijinja.jp/shimekazari/ をごらんください。

 

平成28年10月22日

【平成28年•御火焚祭】のご案内

 

011

京都・西陣に冬の訪れを告げる晴明神社の御火焚祭。

本年もインターネットで先行告知を行います。

来る11月23日(水・祝)11:00より行います「御火焚祭」に参列いただく方(先着20名限定)を公募いたします! 一般の方が神事にご参加いただけるのは御火焚祭のみ。

電話:075-441-6460 にて先着順にて受付をいたします。

厳粛な雰囲気のもと、お一人ずつ玉串をご神前に捧げていただきます。ご参列して頂いた方には、おさがりとして「お火焚まんぢう」「おこし」「みかん」をお持ち帰りいただきます。

社殿にお入り頂き神事に参加できる唯一のチャンスです。お申し込みはお早めに。

※尚、ご参列の際には玉串料として3,000円をお納めいただきます。
※簡単な作法については祭典中にご説明いたします。

101022

●玉串拝礼の作法はこちらの映像をご参照ください。
(黒い画面をクリックすると映像が流れます)

tamagushi2

 

さらに、御火焚祭では護摩木(ごまぎ)を浄火にて焚き上げます。
ohitaki08

祭事にご参列できないご遠方の方へ

祭事にご参列できない方にも護摩木を1本700円(送料込)にておわけしております。本数・ご郵送先を明記の上、現金書留にてお送りください。到着後、当社より護摩木をお送りいたします。願い事、名前をご記入いただいたのち、晴明神社へご返送ください。【11月22日必着】

宛先:〒602-8222  京都市上京区堀川通一条上ル晴明町806

お申込受付最終日:11月15日(火)

お問い合せ:晴明神社 社務所  075-441-6460  (受付時間:9:00〜18:00)

 

 

平成28年9月26日

【平成28年・嵯峨墓所祭】無事斎行いたしました

s_写真 2016-09-26 9 29 52 (2)
本日、9月26日は安倍晴明公の御命日です。寛弘2年(西暦1005年)にお亡くなりになったと言われています。毎年この御命日に、嵐山にあります晴明公の墓所にて、嵯峨墓所祭を執り行っております。

s_写真 2016-09-26 9 34 41
朝9時より晴明公の墓前にお供えをし、祝詞(のりと)を奏上する質素な祭典です。本年も無事斎行いたしましたことをご報告いたします。地元の方や全国から熱心な方たちと一緒にお参りしてきました。今年は、外国からお越し参列者もおられました。

s_写真 2016-09-26 9 30 53

この嵯峨墓所祭は、未来永劫に祭儀が執り行われます。機会がございましたらご参列ください。

平成28年9月23日

【平成28年・晴明祭】無事斎行いたしました

本年も宵宮祭から2日間にわたって執り行われました晴明祭。滞ることなく、無事に斎行いたしました。今年は天候不調のため、行列の規模を縮小してしまうこととなりましたが、子どもたちの元気な鼓笛隊の勇姿、そして御神輿の担ぎ手の威勢のいい掛け声がお祭を盛り上げてくれました。

鼓笛隊160922−2

kotekitai160922-2

神輿−1

神輿−1
神幸祭は、西陣地区を約4時間にわたって巡行するお祭りです。総勢約400名の奉仕者の皆さんも雨の中最後まで、本当にお疲れさまでした。ありがとうございました。

 

2017年の晴明祭は、9月22日(金)・9月23日(土・祝)に斎行予定。

平成28年9月13日

【男子学生アルバイト募集】

来る9月22日(木・祝)に行う晴明祭(神幸祭)にご参列頂ける男子学生アルバイトを募集しています。
装束を着て、西陣の町を練り歩きます。
s_DSC04948

DSC_6473

student2

観光客の注目度もとても高いです。
衣装は貸出いたします。古式豊かな京都のお祭りに参加ができる機会です。お問い合わせお待ちしております。

勤務時間:12:00〜18:00
実働時間:5時間30分
休憩時間:30分(休憩時にパンとお茶をお配りします)

*謝礼(5,000円)は、終了後にお支払いたします。

詳しくは晴明神社窓口又は電話にてお問い合わせください。

晴明神社 社務所 TEL:075-441-6460(9時〜18時)

平成28年9月13日

【稚児募集】まもなく締切ります

9月22日に行う晴明祭(神幸祭)にご参列頂ける晴明祭 稚児の募集をしております。

稚児集合写真

【募集内容】
・八乙女稚児(女児)
・四神稚児(女児)
・神具稚児(女児)

いずれもあと1名ずつの募集となりました。

【対象】4才〜9才位までの女児
*八乙女稚児は短髪不可
*それぞれ保護者1名の参加もお願いします(和装・洋装は不問)

【神幸祭】9月22日(木・祝) 13時〜17時
*お化粧・着付けの準備は午前8時頃からの予定

皆様のご参加をお待ちしております。

詳しくは晴明神社窓口又は電話にてお問い合わせください。

晴明神社 社務所 TEL:075-441-6460(9時〜18時)

DSC04948

Page 3 of 2512345...1020...Last »

最近の記事

過去の記事

PAGE TOP