新着情報

平成29年8月29日

秋のお祭「晴明祭」

来る9月22日(金)23日(土・秋分の日)は、年中の最も重要なる祭儀 「晴明祭」。地元のお祭ではありますが、毎年、全国からお越しになられる方もおられます。京都らしい伝統あるこの「晴明祭」をぜひご体感ください。

さて、22日(金)夜に行われる宵宮祭は、迎え提灯のお練り歩きや湯立神楽の奉納がございます。いずれも19時より開始いたします。

yutate

yutate

○この儀式にご参加いただけます!
>湯立神楽:
お一人様1000円の初穂料にてお神楽をお受け頂けます(晴明饅頭のお下がり付き)

>ちびっこお迎え提灯:
限定先着100名にお配りします(参加無料)

ご希望の方は、当日社務所までご連絡ください。

そして、23日(土・祝)13時からの神幸祭では、少年鼓笛隊を先頭に約500人もの列が西陣地区を練り歩きます。鉾、八乙女、神輿などが列をなす様子は、伝統ある京都の祭の風情そのもの是非ご見物ください。

mikoshi

s_DSC04987

student2

s_DSC04976

 

【祭事日時の詳細】

・宵宮祭(ちびっこお迎え提灯行列/湯立神楽奉納):9月22日(金)19時より

・神幸祭(神幸祭/神輿巡幸):9月23日(土・祝)13時より

 

【お知らせ】

祭礼札の授与(限定300体/1本600円)
晴明祭の担ぎ手が首に掛けている「祭礼札」(平成二十九丁酉歳)を限定300体をお分け致します。

町衆や祭事関係者以外の一般の方にお分け致します。晴明祭にご参列の際に付けて頂くと一層一体感が生れることでしょう。

saireihuda

■晴明祭 平成二十九丁酉歳
●サイズ:高さ5cm×幅2cm
●初穂料:600円
●数量:300体(限定・先着順)
※紐は、ご自身でご調整頂けますように長めになっております。

今年の晴明祭は、22日金曜日の夜と23日の土曜日です。
まだ、お祭をご覧になられたことがない方はこの機会にぜひお越しください。

 

平成29年8月7日

【閉門時間のお知らせ】

本日8月7日(月)は、台風5号の影響により「京の七夕」各会場(堀川会場、鴨川会場、二条城会場、梅小路公園会場、北野天満宮 北野紙屋川会場)は中止されることとなりました。それに従いまして、当神社も18時にて閉門いたします。

平成29年8月5日

「GOGYO」を公開しました

陰陽五行説に由来する日本独自の暦をひもとき、風習や行事の背景を伝えるオウンドメディア「GOGYOー暦をひもとく、暮らしをひらく。ー」を当神社にて新たに開設し、本日公開しました。

【GOGYOー暦をひもとく、暮らしをひらく。ー について】

かつて衣食住には自然環境が大きく影響していました。生活様式の変化などにより薄れつつある日本独自の慣習を見直し、四季の移ろいをもっと楽しんで欲しい。そんな思いから当神社では、広報室内にGOGYO制作委員会を設置、サイトの運営をすることとなりました。

[URL] http://gogyo.seimeijinja.jp/

更新は、月に2〜3回、風習やしきたりの由来などについて配信予定しています。また今後、暦や慣習などの有識者やそれに関連し活動する著名人などのコラム連載も計画中です。

応援のほど、よろしくお願いいたします。

GOGYO_br 

平成29年8月2日

「京の七夕」始まります

本日、8月2日(水)より「京の七夕」が始まります。 *開催期間は会場により異なります。

kyonotanabata2017

晴明神社では、堀川会場の期間中である8/5(土)~8/11(金・祝)にかけて、「夜間特別拝観」を行います。

この期間にぜひお越しください。

□夜間特別拝観

日時:8/5(土)~8/11(金・祝) 18:00~21:30

*8月7日(月)は台風第5号の接近に伴い中止

参拝料:無料

和装特典:上記期間中、和装または浴衣でご参拝の方には「金運上昇祈願札」を贈呈します。

http://www.kyoto-tanabata.jp/support/

平成29年6月27日

「星に願いを」で、願い事を託そう

img_hoshinega_seimeijinja

毎年、ご好評を頂いている「星に願いを」は今年で8年目を迎え、今年は内容をリニューアルしました。身近にある星型 (五芒星)を撮影後、願い事とともにご投稿ください。

御祭神の安倍晴明公は、日本最古の天文陰陽博士で、平安時代の天才 陰陽師です。天空を見て世を占ったとされる晴明公にみなさまの願い事を天に届けてもらおうという企画。

新暦・旧暦の七夕の時期にあわせ、期間限定でサイトを公開いたします。

【願い事の仕方】
1. 身の周りにある「星型」を撮影
2. Instagram又はTwitterを選択
3. 撮影した「星型」、願い事とハッシュタグ「#hoshinega」を入力して投稿
4. 願い事が星に託されます

Instagram や Twitter のアカウントをお持ちの方はすぐに参加が可能です。

自分のための願い事、大切な方を思っての願い事など、素直な気持ちで想いを投稿されてはいかがでしょう。
みなさまからのたくさんの願いが天の星に届きますように☆

■サイト名:星に願いを
■公開期間:平成29年6月27日(火)〜8月28日(月)
■URL:http://www.hoshinega.com/ 

 

tanabata

■おみくじ付き夏季限定(8月28日まで)の「七夕まもり」
ご利益:諸芸上達、諸願成就
サイズ:45×30(mm)
初穂料:1体  600円

 

平成29年6月9日

ききょう、開花しました

心待ちされていた皆さんには大変お待たせを致しました。
今朝、境内のききょうが咲きました。

梅雨入りはしたものの、今年は太陽の光を浴びながら一輪、花開きました。

kikyo170609

ご存知の通り当神社の社紋は「晴明桔梗印」と呼ばれています。晴明神社にとって桔梗はゆかりの深い花です。開花期間は通常9月頃までですが、晴明神社では11月初旬まで咲き続けることもあります。

ご参拝の際にはぜひご鑑賞ください。

桔梗開花に伴い、期間限定で授与される「ききょう守」の授与を開始いたしました。
kikyou625
社頭での授与は1体700円(うちわ付き)になります。

ホームページからのお申込みも可能です。1体700円(国内発送のみ・うちわ無し) 。
詳しくは、こちらからご覧ください。

IMG_4194
そして、「ききょう土鈴(どれい)」も桔梗開花時期のみ社頭にて授与いたします。

こちらは1個1個手作りのため、製作数に限りがございます。
したがって、桔梗が咲いているにも拘わらず、土鈴をおわけ出来なくなることも考えられます。また、破損の恐れがありますので、お送りしておりません。あらかじめご了承ください。

1個800円です。ご希望の方はお早めに。

平成29年6月5日

期間限定「七夕まもり」

tanabata

6月7日(水)より、社頭にて、おみくじ付き夏季限定の「七夕まもり」を授与いたします。
諸芸上達、諸願成就にご利益があります。
サイズ:45×30(mm)   初穂料:1体  600円

今年は、8月28日(月)までの授与となります。
ご参拝の際にぜひ、お受けください。

 

平成29年4月24日

【御守】のご案内

平穏な日々をお過ごしいただくために授与をしている「御守(おまもり)」の袋を一新いたしました。

肌身離さずお持ちいただくため、ご利益やそのまま、サイズの変更もいたしました。
魔除けの呪符でもある「晴明桔梗紋」が多数あしらわれています。
omamori_170421
「御守」
ご利益 身体健全、安産
サイズ 45×30(mm)
本日より授与を開始いたします。
社頭での初穂料は1体 600円です。
平成29年3月22日

【社号額設置奉告祭】斎行報告

この度当神社では、昭和53年まで二の鳥居に掲げていた社号額の復元をいたしました。
現在本殿に掲げている「晴明社」と施された社号額を元に、かつてのように二の鳥居に掲げ、みなさまの目に触れられるようにとの思いから製作を試みました。この「晴明社」の文字は、御祭神 安倍晴明公の直系子孫である土御門晴雄(つちみかど はれたけ)卿が安政元年に揮毫され当神社に奉納されたものです。
このほど162年ぶりに当時の輝きを取り戻し、メディアの方々にもお越しいただき、本日無事「社号額設置奉告祭」を斎行することができました。
houkokusai_3
ご参拝の際、二の鳥居をくぐられる前に新しい社号額をぜひご覧ください。

 

平成29年2月6日

【平成29年・節分星祭】斎行報告

平成29年2月3日に執り行われました節分星祭の斎行報告です。

本年もお寒い中ご参拝いただき、ありがとうございました。

午後8時より節分星祭を無事斎行することができました。本殿にて祝詞(のりと)をあげ、追儺の儀を執り行いました。皆様よりお納めいただきました人形(ひとがた)や歳豆はお祓いいたしました。

晴明井の注ぎ口は、立春の朝に恵方の「北北西」へ向けられました。
2017seimeii2

Page 4 of 28« First...23456...1020...Last »

最近の記事

過去の記事

PAGE TOP