新着情報

平成27年9月11日

まもなく秋のお祭「晴明祭」

s_DSC04876

 

来る9月22日(火・国民の休日)23日(水・秋分の日)は、年中の最も重要なる祭儀 「晴明祭」。地元のお祭ではありますが、毎年、全国からお越しになられる方もおられます。京都らしい伝統あるこの「晴明祭」をぜひご体感ください。

さて、22日(火・祝)夜に行われる宵宮祭は、迎え提灯のお練り歩きや湯立神楽の奉納がございます。開始は、いずれも19時より。

○この儀式にご参加いただけます!
>湯立神楽:
お一人様1000円の初穂料にてお神楽をお受け頂けます(晴明饅頭のお下がり付き)

>ちびっこお迎え提灯:
限定先着100名にお配りします(参加無料)

ご希望の方は、当日社務所までご連絡ください。

s_DSC04946

s_DSC04948

s_DSC04995

そして、23日(水・祝)13時からの神幸祭では、少年鼓笛隊を先頭に約500人もの列が西陣地区を練り歩きます。鉾、八乙女、神輿などが列をなす様子は、伝統ある京都の祭の風情そのもの是非、ご見物ください。

【祭事日時の詳細】

・宵宮祭(ちびっこお迎え提灯行列/湯立神楽奉納):9月22日(火・祝)19時より
・神幸祭(神幸祭/神輿巡幸):9月23日(水・祝)13時より

【お知らせ】

祭礼札の授与(限定300体/1本500円)
晴明祭の担ぎ手が首に掛けている「祭礼札」(平成二十七年乙未歳)を限定300体をお分け致します。

町衆や祭事関係者以外の一般の方にお分け致します。晴明祭にご参列の際に付けて頂くと一層一体感が生れるかと思います。

※下記の写真左端の男性が掛けているものと同様のものです。seimeisai8

2015saireihuda2

■晴明祭 平成二十七年乙未歳
●サイズ:高さ5cm×幅2cm
●初穂料:500円
●数量:300体(限定・先着順)
※紐は、ご自身でご調整頂けますように長めになっております。

 

晴明祭の頃は、もう少し涼しくなっていると思います。
まだ、お祭をご覧になられたことがない方はこの機会にぜひお越しください。

平成27年8月1日

本日より京の七夕開催

スクリーンショット 2015-08-01 17.50.57

本日より「京の七夕」が開催。晴明神社も夜9時30分まで開門しております。

http://www.kyoto-tanabata.jp/

平成27年5月30日

今朝、ききょうが開花しました。

11267278_664437700356534_1973304439_n

心待ちされていた皆さんには大変お待たせを致しました。本日、境内のききょうが咲きました。一昨年よりも4日、例年より約1ヶ月も早い開花となりました。

ご存知の通り当神社の社紋が桔梗印と呼ばれます。晴明神社にとって桔梗はゆかりの深い花です。開花期間は、通常9月頃までですが近年、晴明神社では10月頃まで咲いています。

ご参拝の際にはぜひご鑑賞ください。

また、桔梗の開花の間だけ期間限定で授与される「ききょうまもり」も本日より授与いたします。

kikyou625

社頭での授与は1体600円(うちわ付き)になります。

また、 ホームページから通信でのお申込みは1体700円(うちわ無し) 。
詳しくは、こちらからご覧下さい。

平成27年2月4日

【平成27年・節分星祭】斎行報告

DSC05567

平成27年2月3日に執り行われました節分星祭の斎行報告です。

本年も寒い中、大変多くの方にご参拝いただきありがとうございました。皆さんからお寄せ頂いた人形(ひとがた)をお祓いし、午後8時より執り行いました節分星祭を無事斎行することができました。本殿に祝詞(のりと)をあげ、追儺(ついな)が執り行われました。

スクリーンショット 2015-02-04 8.23.05

追儺とは、悪鬼・疫癘(えきれい)を追い払う行事で、神官の「いんよー(陰陽)」という掛け声とともに四方に矢を放ちます。

 

10967938_610374129096225_4720776_n

晴明井も立春の今朝、恵方の「西南西」へ口が向けられました。

平成27年1月16日

☆節分星祭のご案内

節分星祭
平成27年 節分星祭のご案内です。

来る2月3日(火)20時より晴明神社 本殿におきまして、節分星祭を開催致します。

ご存じの方もおられると思いますが、節分と陰陽道には深い関わりがあります。陰陽道において節分とは「陰」から「陽」へ節分の日を境に「気」が変わる一年の節目であり、その節目の日に一年を通じて身についた穢れを祓う、それが節分星祭です。

晴明神社ではこのお祭りを特別な意味を持っておこない、大切にしております。

この日参拝の皆様には、予め人形(ひとがた)をお配りし、そこに息を吹き掛けていただいて当日に初穂料と共にお納めいただきますと、境内にて焚き上げ罪穢れのお祓いを行います。

罪穢れとは、人間が日々の暮らしの中でどうしても背負い込んでしまうもので、これを溜めると魔や厄になります。魔や厄を好き好んで身につける人はいません。ですから節分などの節々に大掃除のようなことを行うわけです。

午後8時からおこなわれる節分星祭では、神官によって矢を放つ四方の追儺が執り行われます。(境内にてご見学いただけます。)


※過去に斎行しました節分星祭の様子(動画)です。

■祭事:平成26年 節分星祭
■日時:2月3日(火) 20:00~
■場所:晴明神社

080108.jpg

平成27年1月1日

謹賀新年 宮司あいさつ

150101

新年、あけましておめでとうございます。
皆さま方には輝かしい新春をお迎えのことと心からお喜び申し上げます。

元旦の朝八時より行われました歳旦祭も無事に斎行し、新しい年を迎えました。
皆さまのご健康とご多幸を祈念申し上げまして新年のご挨拶とさせていただきます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

平成27年 元日
晴明神社 宮司 山口琢也

 

平成26年12月24日

平成乙未(きのとひつじ)歳大絵馬の奉納

本日、産経国際書会 審査会員 絹川移山 様 より、「平成乙未歳大絵馬」を奉納いただきました。 新進気鋭の書家として活動されておられます。新年2月4日まで本殿に飾ります。 新春の社頭を飾るに相応しいものと喜んでいます 。初詣の折にでもご覧下さい。

10872366_587833144683657_477912313_n

平成26年12月13日

平成27年初詣のご案内

本日、12月13日は「事始め」、お正月の準備を始める日です。京都・花街では、晴れ着をまとった芸舞妓さんたちが、芸事のお師匠さんのもとへ、鏡餅をもって1年のあいさつに行くしきたりとなっています。

さて、平成27年の初詣についてご案内します。
晴明神社の大晦日および元日の参拝時間は以下の通りです。

【大晦日〜元日の参拝時間】
・平成26年12月31日:午後6時閉門
・平成27年1月1日:午前0時開門

大晦日夕方に一旦閉門いたしますのでご注意ください。
また、毎年恒例の吉祥未歳絵馬(干支絵馬)を、本年度も数量限定でお頒けしております。なくなりしだい授与を終了いたしますのでお早めにお受け下さい。(初穂料:500円)

ema2015

 元日午前8時には、本殿にて「歳旦祭」を行います。一年の最初の神事である歳旦祭では、早朝に晴明井から汲み上げた「若水」をお供えし、国家の安泰を祈ります。若水とは元旦に汲む水のことで、強い生命力をもつといわれます。

【新春特別祈願のご案内】——————————————

新年の特別ご祈願を授与所にて受付いたします。お正月三が日は、ご予約不要で祈願を受け付けております。
4日以降の祈願につきましては、事前にご予約頂きますようお願いします。
但し、三が日の最終は午後4時までとなりますのでご注意ください。

三が日、特に元旦の参拝はたいへん混雑します。道中お気をつけてお越しください。また、冷え込みも厳しい折です。暖かくしてお参りくださいませ。

新しい年を、みなさまとともにお迎えできますことを願っております。

平成26年12月13日

平成27年 厄年早見表を更新

141205平成27年 厄年早見表を更新をいたしました。

晴明神社では、厄年を数え歳の「男25歳・42歳・61歳」「女19歳・33歳・61歳」を本厄、その前後を前厄・後厄とします。

【新春特別祈願のご案内】——————————————

新年の特別ご祈願を授与所にて受付いたします。お正月三が日は、ご予約不要で祈願を受け付けております。

4日以降の祈願につきましては、事前にご予約頂きますようお願いします。但し、三が日の最終は午後4時までとなりますのでご注意ください。

三が日、特に元旦の参拝はたいへん混雑します。道中お気をつけてお越しください。また、冷え込みも厳しい折です。暖かくしてお参りくださいませ。

新しい年を、みなさまとともにお迎えできますことを願っております。

平成26年11月25日

平成26年 御火焚祭 斎行報告

写真
本年の御火焚祭も無事斎行することができました。

幻想的な雰囲気の中、雅楽が奏でられ、粛々と執り行われました。清々しいなかに皆様方のたくさんの願いと共に焚き上げられた護摩木の炎と煙が悠々と立ち上っておりました。

この御火焚祭は、京都では特に珍しくもなく、各町内や家々で古くから行われていた祭です。しかし、近年では徐々にその習慣は失われつつあるようで見かけることも少なくなりました。晴明神社では五行説に基づくものであるとし重要な祭として執り行います。

その目的は「火生土」の理、すなわち火を焚きあげることで作物を生成する際に疲弊しきった土を甦らせることであるといわれています。晴明神社では、昔ながらのお祭を現代の今も行い続けております。

本年度もたくさんの皆様にご参列いただき、多くの玉串が奉納されました。全国各地からご参拝いただきました皆さまありがとございました。

来年も変わらず執り行います。京都が紅葉で色づく季節、機会がございましたらこの時期においで下さい。

Page 9 of 28« First...7891011...20...Last »

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP