特集

平成31年2月4日

【平成31年 節分星祭】斎行報告

平成31年2月3日に執り行われました節分星祭の斎行報告です。

img0203_2

雨模様となりましたが、平成最後の節分の日にご参拝いただきありがとうございました。

 

午後8時より節分星祭を無事斎行することができました。

皆様よりお納めいただきました人形(ひとがた)や歳豆も神職によりお祓いし、本殿にて祝詞(のりと)をあげ、追儺の儀を執り行いました。

img0203_3

img0203_1

 

 

晴明井の注ぎ口は、立春の朝、恵方の「東北東」へ向けられました。

img0204_4

平成31年1月17日

【平成31年 節分星祭】のご案内

IMG0203

来る2月3日(日)20時より晴明神社 本殿におきまして、「節分星祭」を斎行いたします。

節分星祭では、神職によって四方の追儺が執り行われます。(境内にてご見学いただけます。)大きな声で叫びながら、四方に矢を放つことで魔を追い払います。

 

節分と陰陽道の関係

節分と陰陽道には深い関わりがあります。陰陽道において節分とは「陰」から「陽」へ「気」が変わる一年の節目です。一年を通じて身についた穢れを祓う大切な祭事、それが節分星祭です。晴明神社ではこのお祭りを特別な意味を持って執り行なっています。

 

人形(ひとがた)について

s_12528029_764075073726129_1788636497_n

1月18日(金)より社頭にてご希望の方へ、人形をお配りいたします。人形に息を吹き掛け、初穂料と共に受付へお渡しいただいたものは、境内にて焚き上げ、罪穢れのお祓いを行います。罪穢れとは、人間が日々の暮らしの中でどうしても背負い込んでしまうもので、これを溜めると魔や厄になります。魔や厄を好き好んで身につける人はいらっしゃらないでしょう。ですから節分などの節目に大掃除のようなことを行っているのです。

 

こうした慣習は、地域の人々にとっては慣れ親しまれたものであり、日が暮れる頃には、多くの人々が人形と歳の数だけ半紙などにお豆をいれて参拝されます。また、境内の一角の焚き上げ場にも人が集い、次々と古いお札が持ち込まれます。その風情は静かで、どこか清々しく、一年の節目となるべく厳粛な気配がそこかしこに漂っています。

  

平成31年1月1日

【謹賀新年】宮司あいさつ

LRG_DSC03711

新年、あけましておめでとうございます。

皆さま方には輝かしい新春をお迎えのことと心からお喜び申し上げます。

当社本殿にて元日の朝八時より行われました「歳旦祭」も無事に斎行し、新しい年を迎えました。

皆さまのご健康とご多幸を祈念申し上げまして新年のご挨拶とさせていただきます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

平成三十一年 元旦
晴明神社
宮司 山口琢也

平成30年12月13日

【平成31年 初詣】のご案内

saitansai-image
晴明神社の大晦日および元日の参拝時間は以下のとおりです。

大晦日〜元日の参拝時間
平成30年12月31日:午後6時閉門
平成31年1月1日:午前0時開門
※  大晦日夕方に一旦閉門いたしますのでご注意ください。
( 1月2日以降は午前9時〜午後6時)

また、毎年恒例の吉祥干支絵馬(己亥絵馬)を、本年度も数量限定でお頒けしております。なくなりしだい授与を終了いたしますのでお早めにお受けください。(初穂料:600円)

IMG1213

 

元日午前8時には、本殿にて「歳旦祭」を行います。一年の最初の神事である歳旦祭では、早朝に晴明井から汲み上げた「若水」をお供えし、国家の安泰を祈ります。
若水とは元旦に汲む水のことで、強い生命力をもつといわれています。

s_IMG_1582

 

新春特別祈願のご案内】——————————————

新年の特別祈願を授与所にて受付いたします。お正月三が日は、ご予約不要でご祈願を受け付けております。※ 三が日の最終受付は午後4時までとなりますのでご注意ください。
4日以降のご祈願の受付につきましては、事前にご予約いただきますようお願いいたします。

三が日、特に元旦の参拝はたいへん混雑します。道中お気をつけてお越しください。また、冷え込みも厳しい折です。暖かくしてお参りください。

新しい年を、みなさまとともにお迎えできますことを願っております。

s_IMG_8885

平成30年11月26日

平成30年 御火焚祭 斎行報告

平成最後の年、本年の御火焚祭も無事斎行することができました。幻想的な雰囲気の中、雅楽が奏でられ、粛々と執り行われました。

ohitaki181123_1

ohitaki181123_2

皆様のたくさんの願いと共に浄火にて焚き上げられた護摩木の炎と煙が悠々と立ち上っておりました。

ohitaki181123_3

ohitaki181123_3

この御火焚祭、京都では特に珍しいものではなく、各町内や家々でも古くから行われている祭事です。しかし、近年では社寺以外では見かけることも少なくなりました。晴明神社では五行説に基づくものであるとし、現在でも重要な祭として執り行っています。

その目的は「火生土」の理、火を焚きあげることで、作物を生成した後の疲弊しきった土を甦らせるといわれています。

本年度もたくさんの皆様にご参列いただき、多くの玉串が奉納されました。全国各地からご参拝いただきました皆さまありがとございました。

来年も変わらず執り行います。京都が紅葉で色づく季節、機会がございましたらこの時期においでください。

 

平成30年11月14日

「ききょう守」授与を終了いたしました

長い間咲き続けてくれた境内の桔梗ですが、昨日最後の一輪がしぼみました。そのため、本年の「ききょう守」の授与を終了いたしました。

また来年6月頃より花を咲かせ、みなさまの目を楽しませてくれることでしょう。

平成30年10月25日

【平成30年•御火焚祭】のご案内

011

京都・西陣に冬の訪れを告げる晴明神社の御火焚祭。

本年もインターネットで先行告知を行います。

来る11月23日(金・祝)11:00より行います「御火焚祭」にご参列いただく方(先着20名限定)を募集いたします。定員に出しましたので受付を終了しました。〈10月27日〉
一般の方が神事にご参加いただけるのは御火焚祭のみ。厳粛な雰囲気のもと、お一人ずつ玉串をご神前に捧げていただきます。ご参列いただいた方には、おさがりとして「お火焚まんぢう」「おこし」「みかん」をお持ち帰りいただきます。

社殿にお入り頂き、神事に参加できる唯一のチャンスです。お申し込みはお早めに。
定員に出しましたので受付を終了しました。〈10月27日〉

※尚、ご参列の際には玉串料として3,000円をお納めいただきます。
※簡単な作法については祭典中にご説明いたします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

●玉串拝礼の作法はこちらの映像をご参照ください。
(黒い画面をクリックすると映像が流れます)

tamagushi2

 

さらに、御火焚祭では護摩木(ごまぎ)を浄火にて焚き上げ、身についた罪穢を祓い清め、心願成就などを祈ります。
ohitaki2

祭事にご参列できないご遠方の方へ

祭事にご参列できない方にも護摩木を1本700円(送料込)にておわけしております。

gomagi

本数・ご郵送先を明記の上、現金書留にてお送りください。到着後、当社より護摩木をお送りいたします。願い事、名前をご記入いただいたのち、晴明神社へご返送ください。【11月22日必着】

宛先:〒602-8222  京都市上京区堀川通一条上ル晴明町806

お申込受付最終日:11月15日(木)

お問い合せ:晴明神社 社務所  075-441-6460  (受付時間:9:00〜18:00)

 

平成30年10月4日

ききょう土鈴について

ききょう土鈴は、ききょう守と同様に開花時期のみ、お頒けしております。ただ、1個1個手作りのため、製作数に限りがあります。

本年分については、残りわずかとなりました。ご希望の方はお早めに授与所にてお受けください。

302834_238934246145707_2166559_n

 

平成30年9月26日

桔梗、咲いています

秋の七草にも選ばれている桔梗。境内でも紫や白の花が咲いています。ご参拝の際にはぜひご鑑賞ください。

kikyo

平成30年9月25日

【平成30年・晴明祭】無事斎行いたしました

本年も宵宮祭から2日間、滞ることなく無事に晴明祭を斎行いたしました。宵宮祭では美しい月に見守られながら湯立神楽の奉納が行われました。

img0922_1

img0922_2

 

神幸祭は、西陣地区を約4時間にわたって巡行するお祭りです。今年はお天気もよく子どもたちの元気な鼓笛隊の勇姿、そして御神輿の担ぎ手の威勢のいい掛け声がお祭を盛り上げてくれました。

img0923_1

img0923_2

img0923_3

img0923_4

総勢約500名の奉仕者の皆さんも最後まで、本当にお疲れさまでした。ありがとうございました。

 

来年のことを話しますと鬼が笑うと言われますが、来年度も祭を盛り上げていけたらと思います。

 

2019年の晴明祭は、9月22日(日)・9月23日(月・祝)に斎行予定。

Page 1 of 212

最近の記事

過去の記事

PAGE TOP