特集

平成31年2月4日

【平成31年 節分星祭】斎行報告

平成31年2月3日に執り行われました節分星祭の斎行報告です。

img0203_2

雨模様となりましたが、平成最後の節分の日にご参拝いただきありがとうございました。

 

午後8時より節分星祭を無事斎行することができました。

皆様よりお納めいただきました人形(ひとがた)や歳豆も神職によりお祓いし、本殿にて祝詞(のりと)をあげ、追儺の儀を執り行いました。

img0203_3

img0203_1

 

 

晴明井の注ぎ口は、立春の朝、恵方の「東北東」へ向けられました。

img0204_4

平成31年1月17日

【平成31年 節分星祭】のご案内

IMG0203

来る2月3日(日)20時より晴明神社 本殿におきまして、「節分星祭」を斎行いたします。

節分星祭では、神職によって四方の追儺が執り行われます。(境内にてご見学いただけます。)大きな声で叫びながら、四方に矢を放つことで魔を追い払います。

 

節分と陰陽道の関係

節分と陰陽道には深い関わりがあります。陰陽道において節分とは「陰」から「陽」へ「気」が変わる一年の節目です。一年を通じて身についた穢れを祓う大切な祭事、それが節分星祭です。晴明神社ではこのお祭りを特別な意味を持って執り行なっています。

 

人形(ひとがた)について

s_12528029_764075073726129_1788636497_n

1月18日(金)より社頭にてご希望の方へ、人形をお配りいたします。人形に息を吹き掛け、初穂料と共に受付へお渡しいただいたものは、境内にて焚き上げ、罪穢れのお祓いを行います。罪穢れとは、人間が日々の暮らしの中でどうしても背負い込んでしまうもので、これを溜めると魔や厄になります。魔や厄を好き好んで身につける人はいらっしゃらないでしょう。ですから節分などの節目に大掃除のようなことを行っているのです。

 

こうした慣習は、地域の人々にとっては慣れ親しまれたものであり、日が暮れる頃には、多くの人々が人形と歳の数だけ半紙などにお豆をいれて参拝されます。また、境内の一角の焚き上げ場にも人が集い、次々と古いお札が持ち込まれます。その風情は静かで、どこか清々しく、一年の節目となるべく厳粛な気配がそこかしこに漂っています。

  

最近の記事

過去の記事

PAGE TOP