新着情報

令和5年2月25日

3月1日よりお守り、お札、各祈祷の初穂料を改定いたします。

社会情勢の変動により3月1日よりお守り、お札、各祈祷の初穂料を改定いたします。

諸事情をご賢察の上、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

なお、郵送授与に関して、2月28日消印分までを現在の初穂料でお受けいたします。

令和5年2月3日

【令和5年 節分星祭斎行報告】

令和5年2月3日に斎行いたしました、節分星祭のご報告です。

先日積もった雪がまだ本殿のなかにも残る中、午後八時に節分星祭がはじまりました。

今年は多くの方が直接ご参拝に来られ、往年のにぎやかな夜が思い起こされました。

ただ、残念ながら新型コロナウイルス感染防止対策のため、本年も古札の焚き上げはとりやめました。
後日焚き上げいたしますので、ご都合の良いときに納札所までお持ちください。

お納めいただいた人形(ひとがた)と歳豆をお祓いしたのち、本殿にて祝詞(のりと)をあげます。

「いんよー」の掛け声とともに神職が鏑矢(かぶらや)を四方に矢を放ち、追儺の儀を執り行いました。

そして立春である4日の早朝、晴明井の流水口が恵方の「南南東」へ向けられました。

令和5年1月26日

【郵送依頼のお届けについてのご案内】

【郵送依頼のお届けについて】

大雪の影響により荷受が停滞しており、授与品等のお届けに時間を要します。

節分の人形につきましても、記入された人形の到着が節分を過ぎる可能性がありますが、同じ節分祈祷をしますので、ご安心ください。

ご不便をおかけしますが何卒ご理解いただきたく存じます。

 

令和5年1月16日

【令和5年 節分星祭のご案内】

来る2月3日(金)午後8時より晴明神社 本殿におきまして、「節分星祭」を斎行いたします。

節分星祭では、神職によって四方の追儺が執り行われます。「陰(イン)陽(ヨウ)」と、となえがら、四方に矢を放つことで魔を追い払います。

節分と陰陽道の関係

節分と陰陽道には深い関わりがあります。陰陽道において節分とは「陰」から「陽」へ「気」が変わる一年の節目です。一年を通じて身についた穢れを祓う大切な祭事、それが節分星祭です。晴明神社ではこのお祭りを特別な意味を持って執り行なっています。

人形(ひとがた)について

社頭と郵送にてご希望の方へ、人形をお配りいたします。

【郵送希望の方】
1 現金書留にて必要枚数をお申し出ください。祈祷料の目安として1枚1000円です

2 現金書留には下記文章を書いて同封してください

  人形(ひとがた)祈祷を申し込みます。

  ○枚 祈祷料 ○○○○円

  郵便番号:○○○-○○○○

  住所:○○市○○町○○-○○

  電話番号:○○○-○○○-○○○○

  氏名:○○ □□

3 人形をお送りしますのでご記入の上、ご返送ください(2月3日まで受付けます)

4 お預かりした人形はおはらいして御祈願します

お預かりした人形は、境内にて罪穢れをおはらいします。罪穢れとは、人間が日々の暮らしの中でどうしても背負い込んでしまうもので、これを溜めると魔や厄になります。魔や厄を好き好んで身につける人はいらっしゃらないでしょう。ですから節分などの節目に大掃除のようなことを行っているのです。

※古札焚き上げのための火炉はもうけません。正月飾りや古い御札などは納札所へお納めください。

令和5年1月1日

【謹賀新年】宮司あいさつ

新年あけましておめでとうございます
皆様方におかれましては新春をお迎えのこと お慶び申し上げます
本日午前八時より「歳旦祭」を斎行し 無事新しい年を迎えることができました
本年も皆様のご健康とご多幸を祈念し 新年のご挨拶といたします
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

令和五年 元旦
晴明神社 宮司 山口琢也

令和4年12月31日

令和癸卯(みずのとう)歳大絵馬の奉納

書家 絹川移山 様 より、「令和癸卯(みずのとう)歳大絵馬」を奉納いただきました。 新進気鋭の書家として活動されておられます。 新春の社頭を飾るに相応しいものと喜んでいます 。初詣の折にでもご覧ください。

 

令和4年12月24日

【 大晦日 ~ 元日 の参拝時間のご案内】

令和四年12月31日:9時~17時
令和五年1月1日:0時~17時
2日以降は9時~17時までご参拝いただけます。

【ご参拝に際しての注意】
★当神社の感染症対策について、下記HPの内容を必ずご一読ください。

https://www.seimeijinja.jp/covid19/

★当神社に専用駐車場はございません。
可能な限り公共交通機関でご参拝いただき、近隣のお店の駐車場への駐車は絶対におやめください。

令和4年11月26日

注連飾りの授与を終了しました

令和4年11月23日

令和四年 御火焚祭 斎行報告

あいにくの雨空ではございましたが、無事に本日御火焚祭を斎行いたしました。

本日ご参拝に訪れた皆さまに見守られる中、厳粛なる空気に包まれて神事を執り行うことができました。

しとしとと降る雨をものともせずに燃え上がる火は

陰陽五行説において土に力を与える、相生とされる存在です。

ふたたび力を得た土により、来年も実り豊かな年となりますようお祈りいたしました。

御火焚祭は、一般参拝者の皆様にも本殿内にご参列いただける晴明神社唯一の機会。

ただ本年も新型コロナウイルス感染防止のため、一般参列者の募集は見送りといたしました。

来年はもとのかたちに戻れることを願っております。

 

令和4年11月16日

桔梗守の授与を終了いたします。

「桔梗守」の授与を終了とさせていただきます。

最近の記事

過去の記事

PAGE TOP