新着情報

平成30年12月13日

【平成31年 初詣】のご案内

saitansai-image
晴明神社の大晦日および元日の参拝時間は以下のとおりです。

大晦日〜元日の参拝時間
平成30年12月31日:午後6時閉門
平成31年1月1日:午前0時開門
※  大晦日夕方に一旦閉門いたしますのでご注意ください。
( 1月2日以降は午前9時〜午後6時)

また、毎年恒例の吉祥干支絵馬(己亥絵馬)を、本年度も数量限定でお頒けしております。なくなりしだい授与を終了いたしますのでお早めにお受けください。(初穂料:600円)

IMG1213

 

元日午前8時には、本殿にて「歳旦祭」を行います。一年の最初の神事である歳旦祭では、早朝に晴明井から汲み上げた「若水」をお供えし、国家の安泰を祈ります。
若水とは元旦に汲む水のことで、強い生命力をもつといわれています。

s_IMG_1582

 

新春特別祈願のご案内】——————————————

新年の特別祈願を授与所にて受付いたします。お正月三が日は、ご予約不要でご祈願を受け付けております。※ 三が日の最終受付は午後4時までとなりますのでご注意ください。
4日以降のご祈願の受付につきましては、事前にご予約いただきますようお願いいたします。

三が日、特に元旦の参拝はたいへん混雑します。道中お気をつけてお越しください。また、冷え込みも厳しい折です。暖かくしてお参りください。

新しい年を、みなさまとともにお迎えできますことを願っております。

s_IMG_8885

平成30年12月13日

【平成31年 厄年早見表】

yakudoshi2019

晴明神社では、厄年を数え歳の「男25歳・42歳・61歳」「女19歳・33歳・61歳」を本厄、その前後を前厄・後厄とします。
※厄年は数え歳で見ます。数え歳は1月1日で満年齢に2歳を加え、その年の誕生日から満年齢に1歳を加えます。

晴明神社は、「魔除け」「厄除け」の神社です。御祭神である安倍晴明公は、ご生前より、天皇から貴族、庶民に至るまで、広くその悩みや苦しみを取り払うことで大きな信頼を得ておられました。その信頼は、神様となって祀られた現在も変わることはありません。

そもそも、「魔」や「厄」というものは、好むと好まざるに拘らず、誰しもが抱え込んでしまうものですから、折りに触れ、その厄を取り除くことが肝要です。 私たちの日々の生活には、なかなか解決できない問題もありますが、神前で静かに手を合わせ、その心を正直に晴明公にお伝えすれば、きっと、その絡まった糸がほぐされることでしょう。

平成30年12月13日

秋季限定の授与を終了いたしました

晴明神社の「もみじ守」、「もみじ土鈴(どれい)」の本年の授与を終了いたしました。

平成30年11月28日

特産物を奉納いただきました

IMG1127_1

昨日11月27日、福井県名田庄「地元おうえん隊」代表 松宮輝昌様を筆頭にメンバーの方が地元名産の自然薯を奉納されました。

IMG1127_3

名田庄は晴明公の子孫である土御門家が戦乱から逃れられ、たどり着かれた地です。「名田庄の魅力を発信し、京都そして全国から多くの方に福井・名田庄へ来てもらいたい。」と、昨年より京都との交流が深まることを祈願しに来られています。

名田庄太鼓保存会「勇粋連」による太鼓の奉納もありました。力強い音色が響き渡りました。

IMG1127_2

 

 

平成30年11月26日

平成30年 御火焚祭 斎行報告

平成最後の年、本年の御火焚祭も無事斎行することができました。幻想的な雰囲気の中、雅楽が奏でられ、粛々と執り行われました。

ohitaki181123_1

ohitaki181123_2

皆様のたくさんの願いと共に浄火にて焚き上げられた護摩木の炎と煙が悠々と立ち上っておりました。

ohitaki181123_3

ohitaki181123_3

この御火焚祭、京都では特に珍しいものではなく、各町内や家々でも古くから行われている祭事です。しかし、近年では社寺以外では見かけることも少なくなりました。晴明神社では五行説に基づくものであるとし、現在でも重要な祭として執り行っています。

その目的は「火生土」の理、火を焚きあげることで、作物を生成した後の疲弊しきった土を甦らせるといわれています。

本年度もたくさんの皆様にご参列いただき、多くの玉串が奉納されました。全国各地からご参拝いただきました皆さまありがとございました。

来年も変わらず執り行います。京都が紅葉で色づく季節、機会がございましたらこの時期においでください。

 

平成30年11月25日

「魔除マグネット守」授与を終了いたしました

11月25日をもちまして「魔除マグネット守」の頒布を終了いたしました。

平成30年11月14日

「ききょう守」授与を終了いたしました

長い間咲き続けてくれた境内の桔梗ですが、昨日最後の一輪がしぼみました。そのため、本年の「ききょう守」の授与を終了いたしました。

また来年6月頃より花を咲かせ、みなさまの目を楽しませてくれることでしょう。

平成30年11月12日

LINE@はじめました

晴明神社にLINE@のアカウントができました。晴明神社からのお知らせや最新情報をお届けします。ぜひ「友だち追加」してください。

【友だち追加方法】

以下の方法から1つお選びいただき、追加してください。

1. LINEの友だち追加から「ID検索」をする。@seimeijinja

2.LINEの友だち追加から下のQRコードを読み取る。

3. スマートフォンをご使用の方は、下のボタンを押してください。

友だち追加

 

平成30年11月1日

晴明神社【己亥歳 注連飾り】授与をはじめました

img1101

みなさまの新しい一年間の「家内安全」を神前にて祈願した注連飾り(しめかざり)、本日より授与を開始いたしました。

正月に歳神様をお迎えするにあたり、神棚、玄関、床の間などに注連飾りを飾ります。12月25日を過ぎた頃より祈祷を施した「晴明神社 注連飾り」を門先にかけていただき、すこやかな一年間をお迎えいただきたくお祈り申し上げます。

■晴明神社  注連飾りとは
歳神(としがみ)様をお迎えするにあたり、邪気や魔が入って来ないようにするいわば結界のようなものです。魔除・厄除の神、安倍晴明公を祀る晴明神社ではお正月用に注連飾りを丁重に神前にて大麻(おおぬさ)で祓い清め、祈祷を施しました。魔除けの印「五芒星」がついた晴明神社の注連飾りを玄関に飾ることで清らかな空間を保ちます。

 

晴明神社『己亥歳 注連飾り』【数量限定】
初穂料 :   1体    3,000円
サイズ  :  本体   縦 18cm 横 17cm (フック付)
先着順に授与。無くなり次第終了。

詳細は https://www.seimeijinja.jp/shimekazari/ をご覧ください。

 

平成30年10月31日

【秋季限定 授与品】のご案内

11月1日より秋季限定の「もみじ守」の授与を開始いたします。

momi625

晴明神社境内はもとより、京都中の紅葉の季節にちなんだ数量限定のお守りです。
もみじの花言葉は『自制・遠慮』、日本の美風を想い起し穏やかな心を取り戻します。
ご参拝の際にぜひ、お受けください。

■授与期間 12月12日(水)まで
※数に限りがございます。なくなり次第、授与を終了いたします。

■サイズ 45×30(mm)
■初穂料 600円(1体)

ホームページからのお申込みも可能です。詳しくは、こちらからご覧ください。

 

また、「もみじ土鈴(どれい)」も秋季限定で社頭にておわけいたします。

img4

1個1個手作りのため、製作数に限りがございます。
そのため、紅葉の美しい時期であっても、土鈴をおわけ出来なくなることが考えられます。
1個800円です。ご希望の方はお早めに。

※破損の恐れがありますので、お送りしておりません。あらかじめご了承ください。

Page 1 of 3012345...102030...Last »

最近の記事

過去の記事

PAGE TOP