新着情報

平成30年5月31日

本日、桔梗が開花しました

心待ちされていた皆さんには大変お待たせを致しました。本日、境内のききょうが咲きました。昨年よりも1週間も早い開花となりました。

kikyo0531

ご存知の通り当神社の社紋は「晴明桔梗」と呼ばれています。晴明神社にとって桔梗はゆかりの深い花です。開花期間は通常9月頃までですが、晴明神社では11月初旬まで咲き続けることもあります。

ご参拝の際にはぜひご鑑賞ください。

桔梗開花に伴い、期間限定で授与される「ききょう守」の授与を開始いたしました。
kikyou625
社頭での授与は1体700円(うちわ付き)になります。

ホームページからのお申込みも可能です。1体700円(国内発送のみ・うちわ無し) 。
詳しくは、こちらからご覧ください。

IMG_4194
そして、「ききょう土鈴(どれい)」も桔梗開花時期のみ社頭にて授与いたします。

こちらは1個1個手作りのため、製作数に限りがございます。
したがって、桔梗が咲いているにも拘わらず、土鈴をおわけ出来なくなることも考えられます。また、破損の恐れがありますので、お送りしておりません。あらかじめご了承ください。

1個800円です。ご希望の方はお早めに。

平成30年5月30日

まもなく開花

kikyo0530_n

雨の中の桔梗の蕾、もう間もなく開きそうです。

平成30年5月29日

ほんのり色づき始めました

kikyo0529_n

境内の桔梗の蕾、風船のようにふっくらと膨らみだしました。ほんのり色づき、いよいよ開花を待つばかりです。

平成30年5月25日

蕾がつきだしました

kikyo0525

境内の桔梗の蕾がつきだしました。これから徐々に膨らんでいきます。開花までもう少し、どうぞ楽しみになさってください。

平成30年2月17日

金メダルおめでとうございます

羽生結弦選手、金メダル獲得おめでとうございます。
心からお祝い申し上げます。

昨年、参拝のおり書かれた絵馬に「思い描いた演技ができますように、そして、私の演技がきっかけで、皆さんに幸せがおとずれますように」とありました。

約束を果たして頂き、私もたいへん感動をいたしました。

晴明神社
宮司 山口琢也

平成30年2月13日

モニター設置テストのご案内

現在、絵馬舎に大型モニター設置を検討しております。それに伴い、2月16日(金)・17日(土)に設置テストを行います。なお、パブリックビューイングではございません。

平成30年1月15日

【心願成就守】授与をはじめました

みなさまの心の内なる願いが成就するよう神前にて祈願した「心願成就守」の授与を開始いたしました。

陰陽五行で緑色は「育成」を表します。木の芽や葉がすくすくと育つように内なる力を開花し、思いを成就させます。

  • ご利益   心願成就 
  • 初穂料 600円   (1体)
  • サイズ 45×30(mm)

授与所にて取り扱っております。ご参拝の際にお受けください。

平成29年12月30日

平成戊戌(つちのえいぬ)歳大絵馬の奉納

291230

本日、産経国際書会 審査会員 絹川移山 様 より、「平成戊戌歳大絵馬」を奉納いただきました。 新進気鋭の書家として活動されておられます。新年2月4日まで本殿に飾ります。 新春の社頭を飾るに相応しいものと喜んでいます 。初詣の折にでもご覧下さい。

平成29年12月20日

【正月用注連飾り】まもなく受付終了

みなさまの新しい一年間の「家内安全」を神前にて祈願した正月用注連飾り(しめかざり)通信での受付は、12月22日(金)正午までとさせていただきます。
(※年内にお届けいたします。)

境内の授与所では数に限りがございますが、引き続きお分けしております。授与所にてお問い合わせください。

shimekazari

■宮司 あいさつ
正月に歳神様をお迎えするにあたり、神棚、玄関、床の間などに注連飾りを飾ります。12月25日を過ぎた頃より祈祷を施した「正月用注連飾り」を門先にかけていただき、すこやかな一年間をお迎えいただきたくお祈り申し上げます。
平成29年 11月1日 晴明神社 宮司 山口 琢也

■正月用注連飾りとは
歳神(としがみ)様をお迎えするにあたり、邪気や魔が入って来ないようにするいわば結界のようなものです。魔除・厄除の神、安倍晴明公を祀る晴明神社ではお正月用に注連飾りを丁重に神前にて大麻(おおぬさ)で祓い清め、祈祷を施しました。魔除けの印「五芒星」がついた晴明神社の注連飾りを玄関に飾ることで清らかな空間を保ちます。

『正月用注連飾り』【数量限定】
初穂料 :   1体    3000円
サイズ  :  本体   縦 18cm 横 17cm (フック付)
先着順に授与。数量無くなり次第終了。

詳細はこちら https://www.seimeijinja.jp/shimekazari/ をごらんください。

平成29年12月13日

【平成30年 厄年早見表】

s_yakudoshi2018

晴明神社では、厄年を数え歳の「男25歳・42歳・61歳」「女19歳・33歳・61歳」を本厄、その前後を前厄・後厄とします。
※厄年は数え歳で見ます。数え歳は1月1日で満年齢に2歳を加え、その年の誕生日から満年齢に1歳を加えます。

晴明神社は、「魔除け」「厄除け」の神社です。御祭神である安倍晴明公は、ご生前より、天皇から貴族、庶民に至るまで、広くその悩みや苦しみを取り払うことで大きな信頼を得ておられました。その信頼は、神様となって祀られた現在も変わることはありません。

そもそも、「魔」や「厄」というものは、好むと好まざるに拘らず、誰しもが抱え込んでしまうものですから、折りに触れ、その厄を取り除くことが肝要です。 私たちの日々の生活には、なかなか解決できない問題もありますが、神前で静かに手を合わせ、その心を正直に晴明公にお伝えすれば、きっと、その絡まった糸がほぐされることでしょう。

Page 4 of 22« First...23456...1020...Last »

最近の記事

過去の記事

PAGE TOP