令和2年2月4日

【令和2年節分星祭】斎行報告

令和2年2月3日に斎行いたしました、節分星祭のご報告です。

暖冬と言えども底冷えのする午後八時より、節分星祭がはじまりました。
令和初の節分の日にご参拝いただきありがとうございました。

200203_seimeijinja_014

お納めいただいた人形(ひとがた)と歳豆を神職がお祓いします

200203_seimeijinja_048

本殿にて祝詞(のりと)をあげ、鳴鏑矢(なりかぶらや)で四方に矢を放って追儺の儀を執り行いました。

200203_seimeijinja_026

焚き上げ場には古札やお正月飾りが持ち込まれ、朱い炎を囲みにこやかに過ごされる方もいらっしゃいました。

200203_seimeijinja_002

そして立春である4日の早朝、晴明井の注ぎ口が恵方の「西南西」へ向けられました。

200204_seimeijinja_009

 

令和2年2月1日

2月1日より魔除水晶守の授与を社頭・郵送両方で授与いたします。

2月1日より魔除水晶守の授与を社頭・郵送両方で授与いたします。郵送は4000円にて当神社サイト(https://www.seimeijinja.jp/omamori/)よりお分けいたします。 授与できる数量に限りがあり、授与を再び休止しご迷惑をおかけする可能性がございますが、その際は都度告知いたします。

200109_seimeijinja_001

令和2年1月16日

節分星祭

節分の「節」とは、一年の節目を意味します。そして、この日を境に、「陰」から「陽」へ「気」が変わります。その節目の日に穢れを祓う祭儀が節分星祭です。

令和元年12月28日

令和庚子(かのえね)歳大絵馬の奉納

産経国際書会 審査会員 絹川移山 様 より、「令和庚子歳大絵馬」を奉納いただきました。 新進気鋭の書家として活動されておられます。新年2月4日まで本殿に飾ります。 新春の社頭を飾るに相応しいものと喜んでいます 。初詣の折にでもご覧ください。

image1

image2

令和元年12月28日

魔除水晶守

【魔除水晶守】 魔除けの果物・桃をあしらった、水晶でできたブレスレットです。社頭・郵送両方で授与しています(社頭3500円、郵送4000円)。

令和元年12月13日

庚子歳干支絵馬

庚子歳干支絵馬の授与を開始いたします。 数に限りがあり、なくなり次第授与を終了いたします。お早めに社頭にてお受け下さい。

令和元年10月15日

まっぷる 京都社寺めぐり

昭文社 まっぷる京都社寺めぐりに掲載されました。

令和元年10月1日

JTBのMOOK 京都 完全版

JTBパブリッシング 京都完全版に掲載されました

令和元年9月21日

9月23日の晴明祭の男性アルバイトにつきまして

9月23日に予定しております神幸祭の男子アルバイトにつきましては、台風と雨天予想により、中止といたします。応募いただいた方々には誠に恐縮ではございますが、事情ご理解いただきたくお願い申し上げます。

令和元年8月30日

一生に一度は行きたい 京都の寺社 100選

宝島社 一生に一度は行きたい 京都の寺社 100選に掲載されました。

Page 1 of 212

最近の記事

過去の記事

PAGE TOP